内海光司&佐藤アツヒロの熱唱に「光GENJI」トレンド入り! 平成世代「ガラスの十代めっちゃめちゃ良い」 - イザ!

メインコンテンツ

内海光司&佐藤アツヒロの熱唱に「光GENJI」トレンド入り! 平成世代「ガラスの十代めっちゃめちゃ良い」

昔と変わらない若々しい容姿も魅力の(左から)内海光司、佐藤アツヒロ
昔と変わらない若々しい容姿も魅力の(左から)内海光司、佐藤アツヒロ

9日放送のバラエティー番組「有吉の壁SP」(日本テレビ系)に、1980~90年代にかけて大人気を博したアイドルグループ、光GENJIの内海光司(53)と佐藤アツヒロ(47)が出演。解散した95年以来のパフォーマンスにネットユーザーが歓喜する一幕があった。

この日の内海と佐藤は、「アーティストになりきれ!ご本人登場選手権」という企画に出演。お笑いグループのジャングルポケットと四千頭身が「ガラスの十代」を歌っていたところで、当時を彷彿させるローラースケートを履いて登場した。

内海はケミカルウォッシュのGジャン&Gパン姿で、額にはバンダナという出で立ち。佐藤はジャケットを着てパフォーマンスを披露した。2人で華麗なダンスを見せながら同曲を歌い上げ、佐藤は「解散後、初めて2人でやりました」と満足そうだった。

平成をにぎわせたスーパーアイドルの熱唱にネットも沸き、この日、ツイッターでは「光GENJI」「内海くん」などのワードがトレンド入り。「光GENJIがもうかっこよすぎてレアすぎて ありがとう」「光GENJIはテンションあがるwww」「テンション上がった!!アッくんかっこいい」「大好きだった光GENJI!懐かしいなぁ…ちなみに私は大沢(樹生)くんでした」など、当時を知る昭和世代からの書き込みが相次いだ。

また、この日、ステージに立った四千頭身の後藤拓実(24)は、世代的に彼らの存在を知らず、パフォーマンス後の本人の登場にも「全然誰だかわからないです…」と戸惑い気味。後藤同様、光GENJIのブームを知らない世代からのつぶやきも多かったが、その内容はポジティブなものが多く、ツイッターには「光GENJIのガラスの十代とかいう曲、めっちゃめちゃ良いな」「本当に歌もダンスもうまくて感動してしまい大好きになりました」「コレから光GENJIブーム再燃したら嬉しいですね」などのコメントも寄せられた。



  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声