新型ランドクルーザー、14年ぶり登場 ワイルドなルックスに「イカつくてカッコいい」「こんなの乗ってる人とお付き合いしてみたい」とネット民興奮(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

新型ランドクルーザー、14年ぶり登場 ワイルドなルックスに「イカつくてカッコいい」「こんなの乗ってる人とお付き合いしてみたい」とネット民興奮

トヨタ自動車は10日、本格的な悪路走破性を誇る「ランドクルーザー」を14年ぶりに全面刷新して発表した。ネット民からは「欲し過ぎる」「お金持ちになりたいね」などと多くの投稿が寄せられている。

新型ランドクルーザー
新型ランドクルーザー

ランドクルーザーは1951年8月に初代のBJ型が誕生して以来、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として、世界170の国と地域で累計1040万台を販売してきた本格派オフロード車。今年で生誕70周年の節目を迎え、ランクルシリーズのフラッグシップモデルであるステーションワゴン型をフルモデルチェンジした。

今回発表された新型モデルの「300シリーズ」は、2007年に登場した「200シリーズ」の後継車種で、伝統のフレーム構造を最新の設計思想(TNGA)に基づいて新開発。さらなる軽量化・高剛性化・低重心化を実現することで、ランクルの本質である「信頼性・耐久性・悪路走破性」を進化させながら継承している。

新型ランドクルーザー
新型ランドクルーザー

3.5リッターV6ツインターボのガソリンエンジンは最高出力415馬力、最大トルク650Nmを発揮。同じくV6ツインターボの3.3リッターディーゼルは309馬力、700Nmを絞りだす。フラッグシップにふさわしく、最新の予防安全システム「トヨタ・セーフティ・センス」を採用している。21年夏以降、世界各地で発売される予定だ。

このニュースを受けて「ランドクルーザー」がヤフーリアルタイム検索の上位に顔を出すなど、ネット民から大きな関心を集めている。とりわけワイルドで武骨さも感じさせるデザインに対して「イカつくてカッコいいな」「かっちょええー!! 買えんけど」との反応が多く、ある女性ユーザーからは「ランドクルーザー格好良い こんなの乗ってる人とお付き合いしてみたい」とのツイートも。このほか「欲しいけどあれは勝ち組の車だ」「良いなぁ。一回は乗ってみたい車」などと憧れの眼差しを向ける人が相次いでいる。

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも
  5. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了