天海祐希主演「緊急取調室」シーズン4 新キャストに池田成志と工藤阿須加 7月8日放送開始決定でファン歓喜 - イザ!

メインコンテンツ

天海祐希主演「緊急取調室」シーズン4 新キャストに池田成志と工藤阿須加 7月8日放送開始決定でファン歓喜

天海祐希
天海祐希

女優、天海祐希主演のテレビ朝日系ドラマ「緊急取調室」(木曜後9・0)第4シーズンの放送開始日と新キャストが10日、番組公式サイトで発表された。ツイッターにはキントリファンの喜びの声が相次いでいる。

「緊急取調室」は、脚本家、井上由美子氏の人気シリーズで、通称・キントリと呼ばれる緊急事案対応取調班のメンバーが、取調室で凶悪犯と繰り広げる心理戦や未解決事件の真実に迫る緻密な人間模様を描く。

スリリングな展開が好評で、2014年1月の連ドラ第1弾を皮切りに15年9月にスペシャル、17年4月に第2弾、19年4月に第3弾が放送され、今回2年ぶりとなる第4弾の放送が7月8日に決定した。第4弾は初回から波乱の展開で、キントリが9月末で解散することが判明。部署消滅まで残り100日とタイムリミットが迫る中、被疑者の動機解明に取り組むメンバーの格闘が描かれる。

主人公の真壁有希子を演じる天海を筆頭に、田中哲司や速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、小日向文世らおなじみのメンバーに加え、池田成志と工藤阿須加が新キャストとして加わることも明らかになった。

天海とはドラマや舞台で何度も共演経験のある池田が演じるのは、警視庁公安部出身の刑事部長・北斗偉。キントリに部署消失を言い渡す重要な敵対キャラ。工藤は、警視庁の警乗警察官(犯罪対策で列車、航空機に乗る警察官)・山上善春役で、第4シーズンで起こる第一の事件で有希子と出会い、キントリの捜査に協力していく、洞察力に優れた男という設定だ。

放送開始日が明かされ、ツイッターでは「見ます、必ず見ます!」「初回放送まであと1カ月切った!」など、キントリファンが歓喜。7月中に放送が始まることはすでに5月の段階で知らされていたことから、「この日のためにNetflixでぜ~んぶ観ました」とこれまでのシーズンを復習ずみという準備万端の視聴者も。

新キャストについては、「我が家が絶賛応援中の工藤阿須加くん! 楽しみです!」「あすかー!キントリに出るのうれしー!」とメンバーの平均年齢をグッと下げた爽やかイケメンの工藤の出演を喜ぶ反応が少なくない。しかし、どちらかというと目立つのは、「なるしー!」「なるぴ出るの!?楽しみ増えたわー」「(天海との)共演久しぶりだし、大好きです!」など、池田ファンの反応。「濃いメンツに更に成志さん!楽しみしかない!」「イケおじが増えた!」など、演技派のおじさま俳優がずらりと揃ったメンバーに、名バイプレーヤーの池田が加わったことを歓迎するコメントが散見される。

番組公式サイトやツイッターには、新メンバー2人を中心に据え、主要キャストが勢ぞろいした画像がアップされている。天海以下全員が歯を見せて屈託ない笑みを見せる中、唯一池田だけが、役柄を意識してか、口をへの字に曲げ、無理に作った笑顔のような不敵な表情をしており、「池田さん良い表情でカメラに収まっている」と面白がるツイ民も見られた。

「大倉くん出ないから見ないかなぁと思ってたけど成志さん出るやん!」との指摘があるように、第3シーズンまでは大倉孝二が磐城刑事部長を演じていた。今回は大倉に代わって池田が刑事部長役ということで、「磐城刑事部長は昇進したのかな」とドラマ内での磐城部長の去就が気になるユーザーや、「大倉孝二さんはやっぱり退場かぁ」など、5月に出演予定だった舞台を体調不良で降板した大倉の不在を寂しがるファンも見られた。

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人