7月10日「阪神VS巨人」解説者で清原氏生出演!ネット興奮「中日ファンだが見たい」「さすが関テレ」 - イザ!

メインコンテンツ

7月10日「阪神VS巨人」解説者で清原氏生出演!ネット興奮「中日ファンだが見たい」「さすが関テレ」

清原和博氏
清原和博氏

7月10日に関西テレビで放送されるプロ野球・阪神対巨人(甲子園)に、西武や巨人などで活躍した元プロ野球選手の清原和博氏が解説者として出演することが決まり、多くのプロ野球ファンがネットで喜びを爆発させている。

同局のHPによると、清原氏はこの日、PL学園の後輩にあたる元プロ野球選手の片岡篤史氏とともに解説者として出演する。清原氏は、ユーチューブの「片岡篤史チャンネル」に何度も出演しており、動画内で、高校時代の思い出話やプロ野球の裏話などを披露。軽妙なやり取りで多くのファンを楽しませてきた。当日は元プロ野球選手の目線で片岡氏とともに鋭く試合を斬ると思われる。

この発表に多くのファンが歓喜。「ほう、これは楽しみやね」「この日は見るぜ!」「7月10日伝統の一戦 解説清原は熱い」などのコメントがズラリ。2016年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受け、懲役刑の執行猶予期間(4年)が昨年6月15日に満了した清原氏への励ましの声も多く、ツイッターには「清原さん。お帰りなさい!」「頑張れ!清原さん!」「中日ファンだが、見てみたい!」「一番戻りたかったであろう原点回帰だ。真の復活に懸けて進む道標になるといいね。みんなで『お帰りなさい』って迎えてあげたい」「私は応援したい。元気を沢山くれた人だから」といったエールも相次いだ。

一方、「放送は関西ローカル?」というつぶやきが見られるなか、この試合を放送する同局への書き込みもあり、「さすが関テレ、素晴らしい」「やるね関テレ!」「この日だけ関テレ見たい!」などのツイートも見受けられた。


  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球