「呪術廻戦」休載で「芥見先生」トレンド1位に 体調気遣う反響多数 下書き掲載の件引き合いに出す読者も(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「呪術廻戦」休載で「芥見先生」トレンド1位に 体調気遣う反響多数 下書き掲載の件引き合いに出す読者も

東京都区千代田区の集英社(早坂洋祐撮影)
東京都区千代田区の集英社(早坂洋祐撮影)

集英社の漫画誌「週刊少年ジャンプ」で連載中の人気漫画「呪術廻戦」の公式ツイッターは10日、作者の芥見下々(あくたみ・げげ)氏の体調不良により、同作を当面休載すると発表。リプ欄にはファンからの反響が相次ぎ、同氏の愛称である「芥見先生」がツイッタートレンド1位に急上昇する事態となっている。

同作は、常人離れした身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)を主人公に、化け物を祓う呪術師の戦いを描く物語。社会現象を巻き起こした「鬼滅の刃」を引き合いに「ネクスト鬼滅」「第二の鬼滅」との呼び声も高い話題作。昨年10月から今年3月まで、MBS・TBS系でテレビアニメが放送され、人気が過熱。今冬には「劇場版 呪術廻戦 0」が公開される予定だ。4月には、電子版を含むシリーズ累計発行部数が4500万部を突破して話題になった。

公式ツイッターによると、休載は21日発売の29号からで、再開時期は同誌上で知らせる。同氏自身は執筆継続を望んでいたが、編集部と協議の結果、一定期間休んで体調の回復を図ることにしたという。画像として添えられたコメントで同氏は、読者に対し休載を詫びつつ、「期間は一月(ひとつき)ほどになります。体調を崩したとは言っても大病したわけではなく、メンタルは通常運転なのでご心配には及びません」と説明している。

同日午前10時8分に投稿されたこの告知は、わずか2時間で7.7万の「いいね」がつき、3.8万リツイートされて瞬く間に拡散。「芥見先生」ツイッタートレンド1位に急浮上したほか、同氏の愛称である「gg先生」「呪術休載」「下書き掲載」など関連ワードが次々と上位にランクインし、リプ欄には、同作と同氏の人気ぶりをうかがわせる反響が寄せられている。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  4. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも