NY株続落、30ドル安 手掛かり材料乏しく

産経ニュース

8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比30・42ドル安の3万4599・82ドルで取引を終えた。米景気指標など新たな手掛かり材料に乏しく、持ち高を調整するための売りが優勢となった。

米長期金利が前日と比べて低下し、景気回復の加速に伴うインフレへの懸念が和らいだことから、下げ幅は限られた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は続伸し、43・19ポイント高の1万3924・91。

個別銘柄では、家庭用品のプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が下げた。石油のシェブロンやITのIBMは上げた。(共同)

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明