党首討論

公明代表「首相として攻めの質問があってもいい」

産経ニュース
公明党・山口那津男代表(春名中撮影)
公明党・山口那津男代表(春名中撮影)

公明党の山口那津男代表は9日の党首討論について「菅義偉(すが・よしひで)首相は冷静に落ち着いて政府として述べるべきことを述べていた」と評価した。

一方、首相からの質問が少なかったことについては「聞かれたことに丁寧に答えようと時間を使ったのだと思う」と指摘。その上で「今後やるとすれば、首相として攻めの質問があってもいいと思う。むしろ党首討論の本来の意義にかなうし、白熱するかもしれない。国民にとっても興味が高まる」と指摘した。

山口氏は首相が昭和39年の東京五輪を回想したことについて「党首討論ならではの出来事だ。経験した者でなければ分からない感動を、国民に率直に伝えたという場面ができてよかった」と述べた。国会内で記者団に語った。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 「カムカムエヴリバディ」堀部圭亮演じる「吉右衛門ちゃん」登場 父子の1人2役に「パパそっくり」「けちえもんに…!」と視聴者大喜び

  3. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  4. どうやって撮影したのか?共通テスト問題流出事件 ITジャーナリストの三上洋氏「スマホのみ使用の可能性が高い」「発信者特定は時間の問題」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第14週で安子編の伏線回収? 話題の予告動画、ジョーの衣装に「ノッポさん」の声も