20代が転職の際に魅力を感じる業界 2位「メーカー」、1位は? - イザ!

メインコンテンツ

20代が転職の際に魅力を感じる業界 2位「メーカー」、1位は?

ITメディア
どんな業界が気になっているのか(画像提供:ゲッティイメージズ)
どんな業界が気になっているのか(画像提供:ゲッティイメージズ)

転職サイトを運営する学情(東京都中央区)は、20代に「転職における希望業種・希望職種」のアンケート調査を実施した。その結果、転職で魅力を感じる業界1位は、「IT・通信・インターネット」(34.0%)であることが分かった。

新型コロナウイルス感染拡大前(2020年1月)の10.1%と比較すると、3倍近くの回答を集める結果となった。

理由として、「今後より伸びていく業界だと思う」「成長している業界でスキルを身につけたい」「ITの知識やスキルがあれば、どこに行っても通用すると思う」という声が寄せられた。2位は「メーカー」で14.5%、3位は「デザイン」と「その他」でともに10.9%だった。

転職の際に魅力を感じる職種は、「企画・事務・管理系」が37.0%で最多。コロナ前(2020年1月)と比べ、6.0ポイントも増加した。次いで、「ITエンジニア系(SE・システム開発・インフラ)」が20.1%(コロナ前比7.0ポイント増)、「クリエイティブ系」15.8%(同1.2ポイント増)と続いた。

「ITエンジニアは、現在注目されている。安定した生活ができると思う」といった意見があった。学情は「テレワーク可能で臨機応変に働けそうな職種や、スキル習得が可能な職種への人気が高くなった」と指摘する。

現在、転職にあたり準備していることの1位は、「転職サイト・転職イベントでの情報収集」で65.0%もの回答があった。次いで、「友人や家族への相談」が28.7%、「職務経歴書の作成」が27.7%と続いた。

コロナ禍で多くの業界が苦しむ中、ITや通信といった業界の伸長は、若者に魅力を感じさせたようだ。

今回の調査は、同社が運営する20代専門転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者を対象にインターネット上で行った。調査日は21年5月11日~6月1日、有効回答数は303人。

関連記事
  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 菅首相から「聖子ちゃん、権力に近いところに来なさい」 野田氏が幹事長代行に就いた内幕を披露/総裁選