野党、会期の大幅延長を要求 拒否なら「政局一変」 - イザ!

メインコンテンツ

野党、会期の大幅延長を要求 拒否なら「政局一変」

産経ニュース

立憲民主、共産、国民民主の野党3党の国対委員長は9日午前、国会内で会談し、16日に会期末を迎える今国会の会期を大幅に延長した上で、新型コロナウイルス対策の令和3年度補正予算案の早期編成と成立を図るよう、与党に求める方針を決めた。

具体的な延長幅は、9日午後の党首討論で菅義偉(すが・よしひで)首相の認識をただした上で野党間で協議するとした。立民の安住淳国対委員長は会談後に記者団に、東京五輪・パラリンピック中に感染拡大が起きた場合の対応が必要だとして「五輪が終わるまで国会を閉じるべきではない」と述べ、3カ月近い延長が必要という考えを強調した。

また、首相が会期延長を拒んだ場合は「会期末に向けて政局の空気は一変する」と語り、内閣不信任決議案提出の理由になるとの認識を示した。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 1席66万円「東京五輪プラチナチケット」キャンセル不可 購入者の悲劇
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  5. 五輪開会式 米メディア「祝賀と荘厳さの組み合わせ」と論評