仲里依紗、YouTuberとして抜群の安定感、「女優らしくなさ」が秘訣 すっぴん、寝グセも - イザ!

メインコンテンツ

仲里依紗、YouTuberとして抜群の安定感、「女優らしくなさ」が秘訣 すっぴん、寝グセも

ポストセブン
女優YouTuberとして人気(時事通信フォト)
女優YouTuberとして人気(時事通信フォト)

公式チャンネルを開設した時点では話題になったものの、ずるずると再生数が落ちていく芸能人YouTuberは多い。その中で、女優・仲里依紗(31)は出色の実績を挙げている。昨年4月に開設した公式YouTubeチャンネル「仲里依紗です。」の登録者数は実に133万人に及ぶ。

しかし、真に注目すべきは、更新ペースと、ひとつひとつの動画の再生回数だろう。仲はチャンネル開設から1年以上経っても、週に2度は新作動画を公開しており、現在でもコンスタントに100万再生を叩き出している。

YouTuberとしても活動する女優といえば、本田翼が代表格に挙げられる。しかし、本田の公式チャンネルは登録者数220万人を誇る一方で、動画の更新ペースは数か月に一度。また、昨年1月末に公式チャンネルを開設した川口春奈は、チャンネル登録者数138万人と本田翼に次ぐレベルだが、動画の再生回数にはムラがあり、数十万再生にとどまるケースも少なくない(それでも十分にすごい数字ではある)。

そのように比較していくと、「安定感」という点では、仲は女優YouTuberの中でもトップクラスと言えるのではないだろうか。

仲の動画を見てみると、人気女優とは思えない庶民派な内容に驚かされる。時には弁当の作り置きをし、時には時短テクを使って夕飯を作り、時にはドン・キホーテで爆買いを楽しむ……。料理をするシーンは多いが、日常の食卓らしい飾らないメニューばかりだ。

すっぴんや寝グセなど、ありのままの姿を披露しており、一見しただけでは人気女優のYouTubeチャンネルとはとても信じられない。ちなみに自宅のキッチンにモザイクがかけられているのは、「あまりにも女優感がなさすぎて事務所NGが出た」とのこと。

しかし、この「飾らなさ」がYouTubeという空間では正解らしい。チャンネル登録者数200万人以上のママYouTuberとして活躍し、YouTubeに関する情報発信も行うなーちゃん氏は、仲の人気の理由をこのように分析する。

「仲里依紗さんのチャンネルが人気な理由は、ズバリ、彼女が『女優らしくない』ことです。多くの芸能人は従来の『かっこいい』『きれい』といったイメージを守るために、YouTubeでもまるでコンセプトムービーのような動画を作りがちです。

しかし、YouTubeで演者に求められる要素は、実は『かっこよさ』よりも『親しみやすさ』。仲里依紗さんの場合、視聴者に話しかけるような距離感で動画を制作していて、従来の女優さんのイメージよりもずっと親しみやすいです。すっぴんやパジャマのような服装で、自宅でガンガントークする素の姿が見られます。

仲里依紗さんはママとしての姿も投稿していますが、芸能人にありがちな『おしゃれで料理や家事もしっかりできる』というイメージではなく、時短テクを使って手を抜きつつ料理を作るところが共感を誘います。女優さんという『かっこいい職業』でありながら普通の主婦も共感できる、というのが彼女の素晴らしいところです」

なーちゃん氏が、YouTubeという場でウケる要素を解説する。

「YouTubeでは、一般人でも、かっこつけようとする人は伸びません。自分を良く見せようとする演者さんは、数字が伸びにくいのです。ダメな部分、素の部分、弱い部分も晒け出すほうが、YouTubeという場では共感を呼びます。仲里依紗さんは、『かっこつけようとしていない』『きれいに見せようとしていない』という点で、多くの芸能人YouTuberと全く異なります」(なーちゃん氏)

動画の撮影・編集を自ら担当しているのも、YouTuber仲里依紗の特筆すべき点だ。その努力のかいがあって、アドビの動画編集ソフト「Premiere Pro」のCMにも起用された。また、YouTubeを通して主婦層の支持を獲得したこと、「ママ」のイメージが定着したことも大きな強みだろう。

YouTuberとしての実績が、本業である芸能活動にも好影響を与える。仲里依紗は、芸能人YouTuberの理想形と言えそうだ。

◆取材・文/原田イチボ(HEW)

関連記事
  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人