尾崎智春氏が語る笹生優花の“覚醒秘話” ジャンボもひと目で驚愕「桁違い」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

尾崎智春氏が語る笹生優花の“覚醒秘話” ジャンボもひと目で驚愕「桁違い」

サンスポ
幼少期から鍛え上げた足で大地をとらえ、力強いショットを放つ笹生。女子ゴルフ最高峰の大会を制した(USA TODAY)
幼少期から鍛え上げた足で大地をとらえ、力強いショットを放つ笹生。女子ゴルフ最高峰の大会を制した(USA TODAY)

ゴルフの「全米女子オープン」を制した笹生優花(19)は、ツアー通算94勝を誇る尾崎将司(74)が主宰する「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」の1期生。招いたのはジャンボの長男、尾崎智春氏(50)だった。その智春氏が、笹生との出会いやその後を明かした。

2019年の日本のプロテストが、笹生選手との出会い。練習場で打っている姿を見て驚きました。スケールの大きなスイングと飛距離でした。

と同時に、左に曲がるのを恐れて、自分のスイングをクラブに合わせているような感じがして、違和感も覚えました。クラブセッティングを確認しようとキャディーバッグをのぞくと、目が点になりました。

グリップは細く、柔らかいシャフトで、ライ角も合っておらず〝球がつかまる〟仕様になっていました。いうなれば、非力のアマチュア向けのクラブ。力のある選手のはずが、最終プロテストを18位タイとギリギリで合格したのもうなずけました。

  1. 東京五輪開会式の多彩な出演者にさまざまな反響 MISIAの国歌斉唱は賛否両論 劇団ひとりにMr.ビーン重ねる視聴者も
  2. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  3. 元サッカー女子日本代表も「私は男性」と告白 LGBTQ問題で東京五輪にまた重い課題
  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  5. 張本の服装にNG連発 倉嶋監督は「いつ何を着ればいいかわかっていない」と苦笑い/卓球