【芸能ニュース舞台裏】傷つく「マッチブランド」 すでに一般人は飽きている… - イザ!

メインコンテンツ

芸能ニュース舞台裏

傷つく「マッチブランド」 すでに一般人は飽きている…

 「イベントに出るけど質問を受けなかったら余計にイメージダウンでしょ。誰かがアドバイスしないとマッチブランドが傷つくだけ」

 情報番組デスクがそう懸念するのは、歌手でタレントの近藤真彦(56)の振る舞いだ。

 来週9日、イベントに出席することが報じられたが、「ウェブサイトの一報では会見をすると書かれていましたが、その後、スポーツ紙がウェブサイトで『会見はなし』と否定した。関係者に聞くと、質疑応答の時間はあったそうです。会見本来の趣旨が報道されない恐れがあるので、どうしたらメディアが報じてくれるのかという話も出ていたそうです」と前出・情報番組デスクが内幕を伝える。

 予期せぬ報道で質疑応答なしに変更したのか。

 「芸能取材ではよくあること。当日メディアは集まるでしょうから、マッチがひと言コメントすればそれでOK」(前出・情報番組デスク)

 メディアでは今も注目度の高い近藤だが、「ウェブ記事への書き込みを読む限り、一般人は飽きていますね。『報じる価値なし』とかバッサリですよ」とウェブサイト記者。マッチブランドに幸あれ。(業界ウォッチャーX)

zakzak


  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  3. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも