【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】職場接種は券なしでも可能 接種券が届いた時点で提出すれば記録される仕組み - イザ!

メインコンテンツ

ギモン解消!!ワクチン接種Q&A

職場接種は券なしでも可能 接種券が届いた時点で提出すれば記録される仕組み

 職場や大学などでの接種が6月21日から可能になる。65歳以上の高齢者向けの接種が完了見込みの地域ではさらに前倒しできるため、対象が一気に広がりそうだ。

 職場・大学接種では米モデルナ製ワクチンを使用する。16歳以上の全ての人が対象となるが、政府は高齢者や基礎疾患がある人を優先するよう求めている。非正規従業員やアルバイトも対象とするかどうかは企業側の判断とし、従業員の家族を対象とした接種も認める。

 接種の方法については、産業医などが社内診療所で実施▽外部の委託機関が会議室などで実施▽外部の提携先の医療機関で実施などが考えられる。中小・零細企業は共同で実施したり、大企業が下請け企業や取引先にも接種対象を拡大したりすることも想定されている。大学などの学校では教職員だけでなく、16歳以上の学生に対する接種も可能とする。

 政府は6月中旬をめどに64歳以下の住民にも接種券を発送するよう各自治体に求めているが、職場での接種が始まった時点で接種券が届いていなくても、あわてる必要はない。接種券なしでも接種を受けることは可能で、接種券が届いた時点で企業や大学に提出すれば記録される仕組みだ。

 これは職場接種に限らず、通常の接種でキャンセルが出て急遽(きゅうきょ)接種する場合も同じなので、接種のチャンスを逃さないようにしたい。

zakzak

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」