中国による尖閣占拠を想定し図上演習 自衛隊、海保、警察が役割分担を確認 - イザ!

メインコンテンツ

中国による尖閣占拠を想定し図上演習 自衛隊、海保、警察が役割分担を確認

本C図上演習で想定される主なシナリオ・カラー
本C図上演習で想定される主なシナリオ・カラー

 中国による沖縄県・尖閣諸島の占拠を想定し、自衛隊、海上保安庁、警察、外務省の担当者が参加する図上演習を複数回実施していることが分かった。中国海警局の船が尖閣諸島に接近・上陸を試みた場合、海保による危害射撃が可能との見解を今年2月にまとめたことを踏まえた図上演習も実施。米軍が参加して日米共同で事態対処シミュレーションを行っていることも判明した。

 注目の図上演習は、産経新聞が7日朝刊で、複数の政府関係者の話として報じた。平時でも有事でもない「グレーゾーン事態」から本格的な武力紛争に至るまで、自衛隊、海保、警察がスムーズに役割分担を行うことを確認するのが狙い。都内の自衛隊施設で行っているという。

 図上演習では、中国の海上民兵や活動家が尖閣諸島に接近・上陸を試みた際に、海保が危害射撃を含む対応で阻止することを想定。沖縄県警の国境離島警備隊を海保、自衛隊が輸送する手続きなどを確認している。

 一方、事態が本格的な武力紛争に発展する「有事」に至れば、海保と警察は尖閣諸島から撤退。海保は周辺海域を航行する商船の護衛、尖閣諸島に近い先島諸島に戦火が飛び火する前に住民を避難させる非戦闘員退避活動(NEO)に当たるほか、負傷した自衛官の輸送といった役割が想定され、演習で自衛隊との連携を強化している。

zakzak

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」