東証一極集中という「旧石器時代」に挑む私設取引所の現実

産経ニュース

東京証券取引所の大規模なシステム障害を受け、証券取引所を介さずに株式を売買する私設取引所(PTS)が代替市場として定着するか注目を集めている。PTSの市場シェアが1割以下にとどまる現状に、ネット金融大手SBIホールディングスの北尾吉孝社長は「旧石器時代のようだ」と東証を運営する日本取引所グループ(JPX)への攻勢を強める。ただ、証券各社の多くは遠巻きに静観する構えで、PTS市場活性化の見通しは定まらない。

「断固として戦う」

「東証の代替として機能する市場をつくる」

SBIの北尾社長は4月の決算会見で、大阪に立ち上げるPTS「大阪デジタルエクスチェンジ(ODX)」について、その意義をこう強調した。

SBIは4月1日付で三井住友フィナンシャルグループと6対4の出資比率でODXの運営会社を立ち上げ、社長にはSBI子会社から執行役員を送り込んだ。ODXは来年春に普通株の取引を開始する予定で、令和5年以降には暗号化する技術を活用したデジタル証券「セキュリティートークン」を扱う市場機能も整備する考えだ。

北尾氏がPTSの重要性を繰り返し強調するようになったきっかけは昨年10月、東証に大規模なシステム障害が発生したことだ。終日取引ができずに株式市場は大混乱に陥り、東証は社長が引責辞任に追い込まれた。代替市場があれば、株売買の打撃を軽減できたとみられる。

北尾氏は同月の会見で、政府が国際金融都市構想を進めていることにからめて「こんなひどいシステム障害がどんどん起こる一極集中の国で、どうやって国際金融都市を生み出せるのか」と指摘。PTSの重要性を説明した上で「競争させて両方のサービスを良くするのが政府の役割だ」と注文を付けた。

JPXに対しては「旧石器時代みたいなことをずっと守り続けている。あり得ない」と舌鋒(ぜっぽう)鋭く批判。JPXや金融庁と「断固として戦う」と気炎を上げた。

シェア1割未満

日本でPTSが制度として導入されたのは平成10年までさかのぼる。取引所同士の競争を促し、投資家のコストを下げる狙いから始まり、大和証券グループやマネックスグループなどが相次いで参入した。

しかし、現在もサービスを続けるのは、SBIグループのジャパンネクスト証券とチャイエックス・ジャパンの2社のみ。東証に9割近い取引が集中する一方、PTSのシェアは売買代金ベースで1割未満にとどまる。東証のトラブルがあった際にも、PTSが代替市場として機能することはなかった。

金融庁の資料によると、米国ではPTSなどのシェアが3~4割を占め、最大の取引所であるナスダックでも15%程度。イギリスやフランス、ドイツも一般の取引所が全体の6~7割にとどまり、日本の東証一極集中ぶりがよく分かる。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  5. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明