かつや「ほぼ1/2」カツ丼に歓迎の声 少食派も大食い派も「これを待ってた」 価格設定を残念がる声も - イザ!

メインコンテンツ

かつや「ほぼ1/2」カツ丼に歓迎の声 少食派も大食い派も「これを待ってた」 価格設定を残念がる声も

かつやが、7日から期間限定で販売する持ち帰り限定メニュー「ニブンノニショクドン」。プレスリリースから
かつやが、7日から期間限定で販売する持ち帰り限定メニュー「ニブンノニショクドン」。プレスリリースから

とんかつ専門店「かつや」を展開しているかつやが、7日から期間限定で販売する持ち帰り限定メニュー「ニブンノニショクドン」にネット民の注目が集まっている。

同社では最近、ボリュームを重視した期間限定メニューに注力していた経緯から、「量が多く完食できるか心配で注文できなかった」という利用者の声に応え、手頃なサイズで同チェーンのとんかつを楽しめるよう、同商品を考案。同チェーン一番人気の「カツ丼」をはじめ、「ソースカツ丼」「赤辛カツ丼」「から揚げ丼」を、通常メニューの「ほぼ1/2サイズ」のパッケージとした。それぞれイッショク(1食)税込み421円。この4種類からニショク(2食)を選んでも税込み842円ということで、定番も冒険も両方楽しみたいという需要にも合致するとアピール。ニショクごとに100円割引券も利用できる。

このメニュー発表に、ツイ民が反応。「ハーフ丼発売ってことですよね?これはふつうに嬉しい」「これこれ!これを待ってたのよ」「確かに、デカ盛りが続いていましたからね!いいかも」など、歓迎する声が相次いでいる。

その理由としては、「高齢者や女性向きにいいのでは? 」「かつやさんはボリュームあるから、1/2ならきっとちょうどいい」「辛いやつ食べたかったけど丸々は多いかもなと思っていたので朗報」など、1食で食べる前提では、少食派やお試し需要にマッチするとの評価が目立つ。新規ユーザー増につながりそうな可能性がうかがえる。

また、従来のかつやユーザーにとっても「すき家で違う味の牛丼ミニを2つ頼む俺歓喜」「いろんなトンカツ食べたい勢からしたら最高のメニュー」「いつも迷っちゃう優柔不断な私にピッタリ」など、一度に無理なく複数種類を食べられることが大きな魅力と映っているようだ。中には「つまり一気に四種類の食べ比べができるお得セットという訳ですね」と豪語する強者も。

早くも、「できれば期間限定ではなく定番メニューに」「デリバリーもやって欲しい」とのリクエストも寄せられている。

好意的な受け止めが多い一方で、価格設定を残念がる反応も。レギュラーメニューで最も安価なカツ丼(梅)が税込み539円で、「ニブンノニショクドン」シリーズと100円ちょっとしか差がないことから「普通にカツ丼(梅)の方がお得」「お値段もニブンノニショクドンだったら神だったのだがさすがに無理か」という指摘が見られた。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」