ポストコロナへ「新しい農村政策」 農水省の2検討会が提言

産経ニュース
記者会見する「新しい農村政策の在り方に関する検討会」の小田切徳美座長(右)と「長期的な土地利用の在り方に関する検討会」の池邊このみ座長=4日、農林水産省
記者会見する「新しい農村政策の在り方に関する検討会」の小田切徳美座長(右)と「長期的な土地利用の在り方に関する検討会」の池邊このみ座長=4日、農林水産省

人口減少時代の新たな農村政策と土地利用を進めようと、農林水産省は4日、2つの有識者検討会の中間とりまとめを公表した。新型コロナウイルス感染拡大により都市部よりも「低密度」な農村への関心が高まる中、移住者らが農業を含む複数の仕事をする「半農半X(エックス)」「マルチワーク(複業)」といった多様な働き方への支援や、中山間地などで増える耕作放棄地について、長期的には農地として維持することが難しくなる場合にまで踏み込んだ管理のあり方を提言した。

記者会見した両検討会の座長のうち、農村政策検討会の小田切徳美・明治大教授は5年ごとに改められてきた国の「食料・農業・農村基本計画」について、平成12年の計画は「食料自給率」、17年は「農政改革」、22年は民主党への政権交代を受け「6次産業化」、27年は自民党への政権交代を受け「多面的機能」がテーマだったと整理。

その上で、今回の両検討会が生まれるきっかけとなった昨年の新基本計画で「初めて本格的に農村政策が体系化できた」と指摘。「農政は産業(農業)政策と地域(農村)政策がいわば車の両輪。従来の農政は少し産業政策寄りだったが、両輪が並び、さらに両輪をつなぐ『車軸』を作ることで、今回の農村政策で新たに位置づけられた『半農半X』のような多様な人材が産業政策の中で、担い手として成長していくことが可能になる」と、今回の提言の意義を語った。

また、土地利用検討会の池邊このみ千葉大教授は、今回の新たな視点として①農村の仕事や暮らしも考えた立体的な土地利用②子育て層の女性らにも開かれた農村③土地の適切な管理を通じた災害に強い国土づくり-を盛り込んだと説明。

「低密度の価値を見つけて住んでみようと考える若い人たちが、今回の施策によって少しでも挑戦し、農村のコミュニティーに入っていって、最終的には定住する。そんなシステムになればと思う」と述べた。

提言のうち、地域づくりを支える外部人材を育成する研修制度はすでに5月から実現。農水省は今後も提言を施策に生かしていく。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  3. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず