柏木由紀、10万人に1人「脊髄空洞症」を語る 衝撃告白にネット騒然「無理しないでね」「治療に専念して」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

柏木由紀、10万人に1人「脊髄空洞症」を語る 衝撃告白にネット騒然「無理しないでね」「治療に専念して」

AKB48の柏木由紀
AKB48の柏木由紀

アイドルグループ、AKB48の柏木由紀が3日、YouTubeチャンネルを更新。この日、放送されたテレビ東京系の医療番組「主治医が見つかる診療所」に出演し、番組内で10万人に1人といわれる珍しい病気「脊髄空洞症」であることがわかった柏木は、自らの口で現在の体調や今後について語った。

番組で人間ドックを受けた柏木は、YouTubeにアップした動画で「病気が見つかりまして、脊髄のほうに病気…脊髄空洞症という私も初めて聞いたんですけど」と報告。脊髄空洞症は国が定める難病(指定難病)の一つで、脊髄内に空洞ができてしまい、そこに液体が溜まってしまう症状。いろいろな神経症状や全身症状をきたす病気だ。人間ドックの後に改めて検査を受けたというが「すごく急いで治療をしなければならない状態では(ない)」とファンを安堵(あんど)させた。

先月22、23日にはAKB48のコンサートがあり、柏木も出演したが、病気が明らかになったのはその1週間ほど前。病名を伝えられたときの心境を「え?私?」と振り返ったが、目の前のコンサートに集中するために気持ちを切り替えた。今後については、「スケジュールと相談しながら様子を見て、まとまって、もしかしたら治療に専念してというときがあると思う」とした。

柏木はこれまでに手の痺れを訴えていたが、その原因もこの病気にあることが明らかに。番組の企画で受けた人間ドックだったが「人間ドックで全部のパターン、全部の可能性を調べたら、もしかしたらこういうことがあるから、やっておくに越したことはないと思った」と実感を込めて語り、早期発見につながったことにも胸をなでおろした。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局