中山義隆・石垣市長が激白!「中国が尖閣強奪する危険性、肌で感じる」 過去最長112日連続侵入「衆院選で候補者が『行動』明確にすべき」 - イザ!

メインコンテンツ

中山義隆・石垣市長が激白!「中国が尖閣強奪する危険性、肌で感じる」 過去最長112日連続侵入「衆院選で候補者が『行動』明確にすべき」

尖閣諸島周辺で確認された中国海警局の「海警1305」(海上保安庁提供)
尖閣諸島周辺で確認された中国海警局の「海警1305」(海上保安庁提供)

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域で4日朝、中国海警局の船4隻が航行しているのを、海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局船の航行が確認されたのは、2012年9月の尖閣諸島国有化以後、最長の112日連続となった。夕刊フジは、尖閣諸島を行政区とする石垣市の中山義隆市長に、傍若無人な中国への怒り、日本政府への思いなどを聞いた。

「『112日連続』とは、ゆゆしき事態だ。中国が今後、何か理由を付けて尖閣に上陸し、強奪する危険性が迫っていると、肌で感じる。危機感しかない」

中山市長は語った。

尖閣周辺では中国船の侵入が常態化しており、昨年1年で333日確認された。今年も、これまで確認されなかった日数は、わずか8日間だ。

第11管区海上保安本部(那覇市)によると、4日朝に確認された中国船4隻のうち1隻は、機関砲のようなものを搭載している。海保巡視船は日本の領海に近づかないよう警告しているが、中国側は聞く耳を持たない。

中山市長は「尖閣諸島は(米国の日本防衛義務を定めた)日米安保条約第5条の適用範囲だと、一喜一憂しているレベルではない。抗議はすべきだが、それだけでは事態は改善しない。中国の暴挙はエスカレートしており、永遠に侵入が続きかねない。日本政府は諸外国に『尖閣諸島は歴史的にも国際法上も日本領土だ』とアピールし、理解を得てほしい」と語る。

石垣市は今夏にも、尖閣諸島の5つの島に住所地の字名「登野城尖閣」と、「尖閣」の文字を明記した行政標識の設置を目指している。地元自治体として、領土を守る姿勢・覚悟を示すものだ。

こうしたなか、中国共産党政権は、尖閣諸島に加えて、台湾への軍事的圧力も強めている。「台湾有事」と「尖閣有事」が同時発生する可能性も指摘されている。

中山市長は「そうした危険性は間違いなく高まっている。自国の領土が他国に奪われかねない状況では、毅然(きぜん)とした『行動』こそが求められる。次期衆院選では、各政党・候補者が『どう行動するか』を明確に掲げるべきだ。有権者の判断基準になる。尖閣の実効支配を強化しなければならない」と語っている。

zakzak

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 菅首相から「聖子ちゃん、権力に近いところに来なさい」 野田氏が幹事長代行に就いた内幕を披露/総裁選