ベラルーシで拘束の記者、罪認める 国営テレビ

産経ニュース
プロタセビッチ氏(ロイター)
プロタセビッチ氏(ロイター)

ベラルーシ国営テレビは、ベラルーシ当局に拘束された反政権派のジャーナリスト、プロタセビッチ氏が昨年8月の大統領選後の抗議デモを違法に呼び掛けた罪を認めたことを自ら明らかにするインタビュー番組を放映した。ロシアメディアが3日伝えた。同氏は搭乗中のアイルランド旅客機の強制着陸後に拘束され、欧米が強く反発している。

ロイター通信によると、反政権派の一人は「このような〝告白〟を見るのは苦痛だ。彼が拷問を受けたと両親は信じている」と指摘した。

ロシアメディアによるとプロタセビッチ氏は番組で、社会秩序を乱す行為を組織したという刑法の罪を「私は完全に認めた」と発言。その上で首都ミンスクは3日間混乱したと述べた。ルカシェンコ大統領に敬意を表する発言もあった。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. さんま、上島竜兵さんに「本当に好きな芸人が一番嫌いな死に方をしたから、ちょっと腹が立ってる」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」