英女王が米大統領と13日面会へ

産経ニュース
5月11日、ロンドンの英議会で施政方針を読み上げるエリザベス女王(ゲッティ=共同)
5月11日、ロンドンの英議会で施政方針を読み上げるエリザベス女王(ゲッティ=共同)

英王室は3日、エリザベス女王が13日にバイデン米大統領夫妻と面会すると発表した。夫のフィリップ殿下が4月に亡くなって以来、世界の主要な指導者と会うのは初めてという。

バイデン氏は6月11~13日に英南西部コーンウォールで開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)などに出席するために欧州を訪問。大統領就任後初の外遊で、女王とはサミットの最終日にウィンザー城で面会する。

米ホワイトハウスによると、バイデン氏は10日にジョンソン英首相と首脳会談し「特別な関係」を確認する。14日に出席するブリュッセルでの北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に際しては、加盟国トルコのエルドアン大統領とも会談する。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」