【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】古畑任三郎「シーズン1」の第1話に出演 人気少女コミック作家で殺人犯、田村正和さんも女優・中森明菜を高く評価 - イザ!

メインコンテンツ

歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡

古畑任三郎「シーズン1」の第1話に出演 人気少女コミック作家で殺人犯、田村正和さんも女優・中森明菜を高く評価

名優だった田村正和さん(享年77)が4月3日に亡くなっていたことが明らかになった。

田村さんはテレビドラマを中心に映画や舞台など幅広く活躍してきたが、中でも人気が高かったのが、フジテレビで三谷幸喜が脚本を担当してきた『古畑任三郎』シリーズだ。その記念すべき「シーズン1」の第1話作品(1994年4月13日)にゲスト出演したのが中森明菜だった。そこで今回は、明菜が出演した田村さん主演の「警部補・古畑任三郎」について記す―。

当時を取材した放送関係者が思い返すように語ってくれた。

「1回目は『死者からの伝言』というタイトルでした。明菜は殺人犯で出演したんです。人気少女コミックの作家という設定だったんです。恋人の担当編集者(池田成志)に他の女性が存在していたことを知り、地下の金庫室に閉じ込めて窒息死させてしまう…。そして編集者の死を見届けると自ら警察に連絡するものの、嵐で警察が駆けつけるのが遅れたのです。ところが、そこに現れたのが田村さん演じる古畑任三郎で、その名推理によって犯罪を暴いていくものでした。当時、明菜は独立して個人事務所で活動をしていましたが、ドラマ出演は93年のクリスマスに小泉今日子と共演したスペシャル・ドラマ『瞳に星な女たち』(日本テレビ系)に続くものでした。しかし、歌の世界でも才能を見せるだけあって、ドラマでも迫真の演技だったと記憶していますね。やはり天性なのでしょうね」

一方で「古畑任三郎」の出演に関して、三谷と親交の深い音楽関係者が、出演の経緯について語ってくれた。

「三谷さんは実は明菜の大ファンで、ずっと注目し続けていましたね。とにかく明菜はアーティストとしてはもちろんですが、コメディエンヌとしても才能がありましたから、三谷さんの感性にもフィットしたのだと思います。で、『コメディー的なドラマで組めたらいいな』と言い続けていたのです。そんな中で『古畑任三郎』がスタートしたのですが、やはり最初のゲスト出演は明菜しかいないと思ったのかもしれませんね。田村と明菜の異色の共演が面白いと考えたのでしょう」

三谷のキャスティングには明菜自身もまんざらでなかったようだ。

収録後に感想を聞かれると、「怖い役でしたが、私自身としては同じような役ばかりより、とにかく変わった役を演じていきたいと思っていたところもあったので、『ぜひ、やらせてください』と喜んで引き受けさせていただきました。それに殺人犯でしたが、実際には心優しい女性の役でしたので、そういった部分をうまく表現できるように演じました」とした上で、「ドラマは歌番組と違って時間が長いので、共演者の人たちと仲良くなれるから大好きなんです。でも、アルバムの制作にも全力投球しなきゃならないので、出るのはなかなか難しいかもしれませんけどね」。

では、明菜とは初共演だった田村さんの評価はどうだったのか? 当時、取材したスポーツ紙の放送担当記者によると「女優・中森明菜も高く評価していました。とにかく、言葉は少なめでしたが『普段話している時でも、お芝居の時のように雰囲気のある方でした』と話し、収録終了後には花束を渡しながら明菜を抱擁したことを覚えています」。

田村と明菜の初共演は話題となり、第1回目の視聴率は14・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得した。

「シリーズのスタートの数字としては成功だと思います。その後、後半になるにつれて視聴率もアップしていきましたから、明菜出演のインパクトは十分にあったと思いますね。しかも、明菜の回のストーリーは彼女の連行シーンまでは至ることなく終了したのですが、その後の彼女(明菜)の消息について、シーズン2の第1話で明石家さんまがゲスト出演した際に描かれていて、何と裁判で無罪放免になっていたんです。三谷さんならではの流れだったと記憶しています」(放送ウオッチャー) (芸能ジャーナリスト・渡邉裕二)

■中森明菜(なかもり・あきな) 1965年7月13日生まれ、55歳。東京都出身。81年、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』で合格し、82年5月1日、シングル『スローモーション』でデビュー。『少女A』『禁区』『北ウイング』『飾りじゃないのよ涙は』『DESIRE―情熱―』などヒット曲多数。NHK紅白歌合戦には8回出場。85、86年には2年連続で日本レコード大賞を受賞している。

zakzak


  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声