深田恭子「年内休養」か 愛犬メロンパンナちゃんの異変の影響も - イザ!

メインコンテンツ

深田恭子「年内休養」か 愛犬メロンパンナちゃんの異変の影響も

ポストセブン
適応障害、休業の背景には何が…
適応障害、休業の背景には何が…

深田恭子(38才)が「適応障害」で休業を発表した。ドラマに映画、舞台にCMと順調に見えていた彼女だが、異変は誰の目にも明らかだった。ハイテンションに笑い出したかと思えば、次の瞬間は大泣きする。思い詰めた表情でカメラの前で立ち尽くしたかと思えば、はじけたようにはしゃいだ様子を見せる──。

「5月18日でした。主演映画の撮影をしていたんですが、深田さんのシーンが進まない。普段は周囲に気を遣う明るい人なだけに、その異様な様子にスタッフも心配して固唾をのんでいた。『即座に撮影を中止して病院に行くべき』という声もありましたが、大丈夫だからと病院に行くのは拒んだようです。でも撮影を終えた直後、倒れてしまった」(映画関係者)

5月26日、「適応障害」の治療のため芸能活動を休止すると発表した深田。所属事務所『ホリプロ』は、深田は昨年春頃から体調を崩すことが多くなり、5月に入ってから「適応障害」と診断された。撮影中の映画は撮影延期となり、当面は療養して体調回復に専念する、と発表している。療養期間は明かされていないが、「長期化するかもしれません」と打ち明けるのはテレビ局関係者だ。

「主演予定だった7月スタートの連ドラも降板が発表されました。フジテレビの『木ジュー(木曜夜10時)』と呼ばれる枠で、深田さんが毎年出演する人気枠。今年も3年連続で主演する予定でした。

共演者やスポンサーが決定しているタイミングでの降板は異例中の異例。代役が決定しましたが、10月以降にずらすなどの措置も不可能だと判断されたということは、年内復帰も難しい状況なのではないでしょうか」(前出・テレビ局関係者)

適応障害は、日常で感じるストレスにうまく適応できず、抑うつや不安感などが生じて、生活に支障をきたす病気とされている。同じホリプロでは、昨年9月に所属していた芦名星さん(享年36)が自宅で自ら命を絶ったことから、所属タレントと頻繁に面談を行うなどメンタルケアには充分な注意を払っていた。

「深田さんから、事務所側へ体調の異変の報告はなかったため安心してしまっていたんでしょう。もともと彼女は超がつくほどの頑張り屋さんで、悩みや苦しいことがあっても、内に秘めて黙々と仕事をするタイプです。口にはしなかったけれど、自分でも気づかないうちに心と体はむしばまれていった。それが限界を超えてしまったんだと思います」(芸能関係者)

体調不良の原因として、“家族”の異変もあったという。

「深田さんが倒れる少し前、14年近く連れ添っているトイプードルのメロンパンナちゃんが入院したんです。老犬だから覚悟はしていたのでしょうが、彼女はショックで一時食事もできないほどでした」(事務所関係者)

本人は不本意だろうが、忙し過ぎた彼女にとって良い休養の機会となることを願わずにはいられない。

※女性セブン2021年6月17日号

関連記事
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳