【SPORTS BAR】言葉ではなく結果で圧倒した「ミスターサイレンス」 大リーグ生活24年、そのほとんどを取材拒否で通した殿堂入り投手 - イザ!

メインコンテンツ

SPORTS BAR

言葉ではなく結果で圧倒した「ミスターサイレンス」 大リーグ生活24年、そのほとんどを取材拒否で通した殿堂入り投手

1970年代から80年代にかけて米大リーグのフィリーズなどで活躍したスティーブ・カールトンという投手がいた。72年に27勝10敗、防御率1・97、310奪三振、30完投、346回1/3…。ビッグ・ピッチで初のサイ・ヤング賞に輝いた。

そんな男が翌73年、13勝20敗で不振に陥ってメディアと険悪な状態になった。当時の報道、その後伝えられた資料などによると…。

高校時代から東洋哲学に触れてヨガに興味を持っていたカールトンは、試合前の瞑想を通して心を整え、感情を抑える独特の調整法を常としていたという。西洋人からは奇妙に映る?!調整法、さらにプライベートな件に関する質問に心を乱されると判断したのだろう。その後、カールトンは一切の取材を拒否した。

83年、そのフィリーズとオリオールズのワールドシリーズを取材する機会があった。そこで取材拒否の現実を見た。目の前にカールトンがいるのに、記者たちは近づけない。チームメートを捕まえてはこう質問していた。「スティーブは何を話していたんだい?」。

80年、チームを初の世界一に導き、82年に4度目のサイ・ヤング賞を得た絶対的エースはかたくなに口を閉じていた。現役生活24年、そのほとんどを取材拒否で通し、「ミスター・サイレンス」と呼ばれた。この間「自分の方針は方針…」とコメントを残したという資料もあるが、彼流の信念を貫いた。

通算329勝、最多勝4度。圧倒的な成績を残した。取材拒否されて面白くないと思ったメディアもいただろうが、記者投票で決まる野球殿堂入りも94年に果たした。

言葉ではなく結果で圧倒したが、カールトンの例は極めて稀である。

大リーグでは選手のメディア対応を徹底教育している。他のスポーツもメディア対応は選手の責任、仕事の一部であるとしている。メディアを通してファンとの接点を重視しているからである。(産経新聞特別記者・清水満)

zakzak

  1. 日本、韓国のTPP加入「拒否」へ 「元徴用工」への異常判決に対抗措置
  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人