巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は - イザ!

メインコンテンツ

巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

1軍に急きょ呼ばれた当日は出番がなかった小林
1軍に急きょ呼ばれた当日は出番がなかった小林

 巨人・小林誠司捕手(31)が2日の西武戦(東京ドーム)から1軍に昇格。捕手を4人体制とした原監督の真意は定かでないが、同僚はトレード放出の下準備と受け止め、本人に別れを告げるまでの事態となっている。

 前夜に3失点炎上の抑えデラロサがこの日、試合前の公示で2軍降格。理由は「左脚の違和感」と発表されたが、代わりに1軍に呼ばれたのが救援投手でなく、全体練習に姿もなかった小林だったことで、衝撃はさらに大きいものとなった。

 4月に小林が2軍に降格する際、元木ヘッドコーチは「バッティングがもっとよくなってこないと」と課題を設定。まだ2軍でも61打数7安打の打率・115で、「よくなった」とは言い難いタイミングだが、実は今回の昇格は「交流戦開始前から計画されたものだ」と球団関係者は明かす。パ・リーグ球団に1軍レベルでのチェック機会を提供し、交換トレードに持ち込むのが狙いだ。

 本紙既報通り、巨人の球団幹部は5月初旬の段階で、3軍制を回すには現状の捕手9人がギリギリとして今季中の小林放出を否定していたが、その後に投手陣の故障者が続出。首位阪神の勢いが衰えないことに原監督も危機感を強め、方針転換に至ったとみられる。

 移籍先の候補は正捕手確立に悩む楽天、2軍施設にプロスカウトが足繁く通う日本ハム、主戦捕手の田村が離脱中のロッテ。行方は交換要員で提示される投手次第か。

 小林はこの日、イースタン・リーグの日本ハム戦(鎌ケ谷)で遠征の2軍本隊に帯同せず、ジャイアンツ球場(川崎市)で3軍練習参加中に昇格が伝えられた。ファーム関係者は「小林と親しい選手が出発前、トレードを察して『これで最後だろうから』と別れを惜しんでいた」と衝撃証言。おっとり刀で東京ドームに駆けつけた小林に、1点を争う試合展開で出番はなかったが、商談相手へのお披露目が済めば、いよいよ別れの時がやってくるのか。 (片岡将)

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳