離婚決意の小川彩佳 夫の不倫相手が語っていた「素敵な夜」 - イザ!

メインコンテンツ

離婚決意の小川彩佳 夫の不倫相手が語っていた「素敵な夜」

ポストセブン

『news23』(TBS系)でキャスターを務める小川彩佳アナ(36)が離婚を決意したことが女性セブンの取材でわかった。夫は、東大医学部卒のエリートで、医療ベンチャー「メドレー」元代表の豊田剛一郎氏(37)。今年2月に週刊文春で豊田氏の不倫が報じられ、弁護士を介した話し合いが進められていた。

豊田氏は、小川アナと結婚する以前から不倫相手のAさんと交際を続けていた。小川アナは不倫発覚当初、子供がいることもあって離婚に踏み切るかどうかは悩んでいたようだが、「その後すぐに『週刊ポスト』でAさんが不倫関係を告白し、豊田さんから口裏合わせを依頼されていたと明かしたことで、小川さんのショックは絶望に変わった」(小川アナの知人)という。

不倫相手のAさんは120分にわたって『週刊ポスト』のインタビューに応じ、こう語っていた(同誌2月8日発売号掲載)。

「私が豊田さんと出会ったのは、2018年の12月。IT関係者が集まるイベントでした。初対面の時から、笑顔が素敵な人でした。年齢も近く、スキューバダイビングやスノーボードなど趣味も多かったし、何より彼と話していると楽しかった。どちらともなく連絡を取り合い、翌年(2019年)2月には自然と男女の関係になりました。

そのすぐ後、豊田さんが福岡に出張することがあり、一緒に行かないかと誘われたんです。そこで初めて彼から恋人がいると伝えられました。お相手が小川彩佳さんだとはもちろん知らなかったし、彼も言わなかった。自分が浮気相手なのだと知ってショックでしたが、それでも彼が好きだった」(Aさん。以下、カギカッコ内はすべて当時のインタビューより)

その後、結婚を知らされた後も、交際は続いた。「ここから先は、越えてはいけない一線を越えることになる。頭ではダメだと分かっていても、どうしても関係が断ち切れなかった」という。

週3日ほど、彼女のマンションで逢瀬を重ねていた2人。何度も、別れようと思ったことはあったという。しかし、沼から抜け出すことはできなかった。

「報道された沖縄旅行(2020年10月)も、本当は豊田さんとの関係を終わらせる決意を固めるための一人旅の計画だったんです。人生のリスタートを切りたかった。でも、私はとことん弱かった。結局、旅行の計画を彼に伝えてしまい、現地で合流しました。本末転倒ですよね。

それでも、沖縄の夜はいまでも忘れられない。綺麗な満月で、星が輝いていて……。宿の屋上に上がって、ふたりで椅子に並んで、iPadで大好きなB’zのライブ配信を見ていた。言葉にできない、素敵な夜だった」

そして今年1月末──。週刊文春から豊田氏に取材が入る。

「彼は、小川さんにも隠しきれないと悟ったのでしょう。『これから妻にすべてを話す。その過程で妻から君に電話があるかもしれない』と連絡がありました。このとき、彼から求められたのは、『結婚後は肉体関係はない』と口裏を合わせること。私自身、小川さんにバレることが一番怖かったので、話を合わせました」

Aさんによると、その日の夜に小川アナから電話が入って「どういうことか説明してもらえますか」と迫られ、Aさんは言われたとおり、「結婚後には肉体関係はない」と答えたという。もちろん、小川アナは納得しなかった。

週刊ポストのインタビューに対してAさんは「(小川アナに)心から謝罪したいです」と語っていたが、その後小川アナは、豊田氏と別居。2年弱の結婚生活は終わりを迎えようとしている。豊田氏にとって、不倫は大きすぎる代償を伴う結果となったようだ。

関連記事
  1. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声