りゅうちぇる、アンチからの心ないDM公開 SNSでの誹謗中傷考えるきっかけに「最低だと思う」「悲しい事件があったの知らないのかな」 - イザ!

メインコンテンツ

りゅうちぇる、アンチからの心ないDM公開 SNSでの誹謗中傷考えるきっかけに「最低だと思う」「悲しい事件があったの知らないのかな」

りゅうちぇる
りゅうちぇる

タレントのりゅうちぇるのツイッターでの投稿が拡散され、ネットユーザーの間で話題になっている。りゅうちぇるは2日夜、アンチから送られてきたSNSのDMのスクリーンショットを公開。そこには「ブス、死ね」と心ない言葉が並んでいたが、これに対し、りゅうちぇるは「僕は可愛いし、生きます」と返答した。この返しが一夜明けた3日も注目を集め、さまざまな意見が交わされている。

当該ツイートは3日午後1時の時点で4400回以上リツイートされ、いいねも8万5000件を突破。リプ欄にも「なんでこんな事言えるの 自分に向けられた言葉じゃないのにぎょっとした…」「どうしてこういう言葉を簡単に人に言える人が多いかな」「ひどすぎる…」といったメッセージが寄せられ、ネットユーザーを巻き込み、SNSでの誹謗中傷について考えさせるきっかけを与えた。

問題提起するように「本当にこういうの最低だと思う」「SNSでの発言、マナー等色々言われてるのに未だに平気でやらかすのがいることに驚く」「悲しい事件があったの知らないのかな。SNSで人は殺せる」といったコメントとともにリツイートする人も目立つ。ほかにも「りゅうちぇるの返しが素敵よね」「この返しが最高だし優勝」とりゅうちぇるの返答に感心する人も相次いだ。

アンチからのDMを公開したりゅうちぇるだが、当該ツイートの後には「そしてあなたも、生きて」とつぶやいていた。こうしたりゅうちぇるの対応も「涙出てきました りゅうちぇるさんも生きてくださいね」「神レベル」「りゅうちぇるは心もイケメン」などと称賛された。

  1. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  2. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」