経団連会長に十倉氏選任 中西氏辞任で緊急登板

産経ニュース
記者会見する経団連の十倉雅和会長=1日午後、東京・大手町の経団連(酒巻俊介撮影)
記者会見する経団連の十倉雅和会長=1日午後、東京・大手町の経団連(酒巻俊介撮影)

経団連は1日の定時総会で、新会長に住友化学会長の十倉雅和氏(70)を選任した。病気療養のため任期途中で辞任する中西宏明氏(75)の後任で、慣例では2期4年務める。新型コロナウイルス禍や米中対立、脱炭素化の取り組みといった難題を抱える中での緊急登板となる。

副会長には、IT大手ディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子会長ら6人が新たに就任した。女性の副会長起用は初めてだ。副会長は18人から19人に増えた。

総会後には、新型コロナウイルスのワクチン接種拡大に向け緊急提言を決議。冬の到来までに集団免疫を獲得する必要があり、早急に接種体制を確立すべきとした。また、経済界としても産業医の派遣や接種会場の提供などで協力していく方針を示した。一方、脱炭素化では10月下旬までに自主行動計画「カーボンニュートラル行動計画」をまとめ、取り組みを強化する方針だ。

十倉氏は就任のあいさつで「社会性の視点、国際協調、デジタルとグリーンをキーワードに、広く国民や社会全体から支持される経団連を目指していく」と語った。

住友化学出身の会長は平成22~26年に務めた米倉弘昌氏以来2人目。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  4. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  5. 「ロシア軍崩壊」英機密報告書が予測 エリツィンの義息離反、兵器も旧式を投入するほど枯渇か 「プーチン氏余命2、3年」重病説消えず