日本人初の議長デビュー 青木氏、国連宇宙小委

産経ニュース
青木節子氏(共同)
青木節子氏(共同)

国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)の法律小委員会が31日、ウィーンで始まり、慶応大大学院法務研究科教授の青木節子氏が議長として臨んだ。在ウィーン日本政府代表部によると、日本人としても女性としても法律小委の議長を務めるのは初めて。

法律小委は6月11日まで。民間企業や各国の宇宙活動が多様化、活発化する中で多国間のルール作りの枠組みとしてCOPUOSの重要性は高まっているとされ、法律小委では宇宙資源の探査、開発、利用や宇宙ごみなどを法律的観点から話し合う。

青木氏は日本国内の宇宙法の第一人者とされ、内閣府の宇宙政策委員会委員や国際宇宙法学会副会長も務める。5月30日、共同通信の取材に「(議論の中で)見解の相違はある。違う部分をどう折り合うのか。建設的な方向に持っていきたい」と抱負を話した。(共同)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  3. 「不公平だ」 10万円相当給付決定、子育て世帯も不満

  4. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は

  5. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!