米駐豪大使にケネディ元駐日大使か 米報道

産経ニュース
キャロライン・ケネディ元駐日大使(AP)
キャロライン・ケネディ元駐日大使(AP)

【ワシントン=黒瀬悦成】米ニュースサイト「アクシオス」は5月30日、バイデン大統領が次期駐オーストラリア大使にオバマ元政権で駐日大使(2013~17年)を務めたキャロライン・ケネディ氏(63)の指名を検討していると報じた。

1963年に暗殺されたケネディ元大統領の長女で、世界的にも知名度の高い同氏を駐豪大使に据えることで、中国をにらんだ日米豪印の4カ国(クアッド)による「自由で開かれたインド太平洋」構想を重視する立場を示す思惑があるとみられる。

同サイトによると、バイデン氏は、上院議員を務め09年に死去したエドワード・ケネディ氏のビクトリア夫人(67)も西欧の国の大使に指名することを検討しているとされる。実現すれば、米国で最も有名な政治家一家である「ケネディ王朝」が再び脚光を浴びそうだ。

  1. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  2. 「首都直下」「富士山噴火」「南海トラフ」連動への警鐘 最大でM9級の恐れ 専門家「地震慣れしてしまう恐れも」

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 立て続けに起こる地震、備えを見直すきっかけに 「これだけはやっておこうリスト」

  5. 緑内障発症・進行の危険因子「眼圧」とコーヒーの関係 1日の摂取頻度から研究発表