阪神・矢野監督、掟破り承知“猛抗議” リクエスト判定後の抗議不可「わかっているけど…」

サンスポ
リプレー検証の結果が出て、試合が終了した後も、審判団と話をする矢野監督(手前。左は井上ヘッド)(撮影・門井聡)
リプレー検証の結果が出て、試合が終了した後も、審判団と話をする矢野監督(手前。左は井上ヘッド)(撮影・門井聡)

(日本生命セ・パ交流戦、西武1-0阪神、2回戦、1勝1敗、29日、メットライフ)〝掟破り〟は承知の上-。それでも言わずにはいられなかった。阪神は西武に0-1で敗戦。ロハスの最後の左邪飛を巡って、矢野燿大監督(52)がリクエストによるリプレー検証の結果が出た後も、審判団へ〝抗議〟を行った。悔しい無得点負けとなったが、指揮官の勝利への執念を、カード勝ち越しへとつなげる!

ベンチに座ったまま立ち上がれない選手たちのためにも、ファンのためにも、あのまま帰るわけにはいかなかった。ネット際の際どい打球と、微妙な判定。リクエストにかけたがアウトの判定は変わらず、ゲームが終わった。だが、矢野監督は目を血走らせ、審判団と向き合った。掟破りだろうが、言わなくてはならないことはある。執念の〝猛抗議〟を見せた。

「もちろん、ビデオ判定(リプレー検証)の後に抗議ができないのは分かっているんだけど。でも、俺らも確信はないんだけど、上の方に当たったように見えたから。だけど、映像的には確実に当たっているものがないし。撮れてないんだよね、たぶん。当たってるというのがあったとしても」

ルールも、事情もすべて分かっていた。だが、食い下がらずにはいられなかった。

九回2死二塁、ロハスの打ち上げた飛球を岸がネット際で好捕
九回2死二塁、ロハスの打ち上げた飛球を岸がネット際で好捕
  1. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  2. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  3. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  4. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走