敵地ファンから悲鳴!“374億円”タティス・ジュニア、九回2死から起死回生の同点15号3ラン

サンスポ
肘タッチで同僚と同点弾を喜ぶタティス・ジュニア(右)=AP
肘タッチで同僚と同点弾を喜ぶタティス・ジュニア(右)=AP

(アストロズ8-11パドレス、29日、ヒューストン)米大リーグ、パドレスの“374億円男”フェルナンド・タティス・ジュニア内野手(22)が3点ビハインドの九回2死から、起死回生の一発となる同点15号3ランを放った。試合はそのまま延長に突入し十一回、パドレスが11-8で勝利した。同試合はダルビッシュ有投手(34)が先発し、5回4安打5失点(自責点4、4四死球、5三振)で、勝敗はつかなった。

“374億円男”の豪快な一振りがダルビッシュの黒星を消して、チームに勝利を呼び込んだ。3点ビハインドの九回表2死二、三塁。打席に入ったのはこの日、ノーヒット3三振と精彩を欠いていたタティス・ジュニア。カウント1-0から相手クローザー、プレスリーのストレートに対しバットを出した打球は一塁側のファウルゾーンに高く上がるフライとなり、ゲームセットか・・・と思われた次の瞬間、アストロズの一塁手・ジョーンズが打球の憶測を誤って体勢を崩して捕球に失敗。マウンドのプレスリーはため息をつくしかなかった。

息を吹き返したタティス・ジュニアは、次の3球目、内角高めに来た95マイル(約153キロ)のストレートを強振。打った瞬間ホームランとわかる豪快な一発は、左翼スタンドの看板に直撃する同点3ラン弾となった。打席から動かずその打球をしばらく見守ったタティス・ジュニアは、悠々とダイヤモンドを回ると、雄叫びを上げてチームメートらと喜びを分かち合った。MLB公式サイトはその一発を「それが彼がスーパースターである理由」との見出しで、トップニュースで速報した。

ドミニカ出身のタティス・ジュニアは、2016年にトレードでパドレスに移籍。今季新たに14年総額3億4000万ドル(約374億円)の超大型契約を結んだ。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」