“ポスト新垣結衣”「ドラゴン桜」で好演、高まる南沙良への期待「第2のガッキー」「ガッキー越えちゃうでしょ」 - イザ!

メインコンテンツ

“ポスト新垣結衣”「ドラゴン桜」で好演、高まる南沙良への期待「第2のガッキー」「ガッキー越えちゃうでしょ」

南沙良 ヘアメイク・藤尾明日香 スタイリスト・道券芳恵 衣裳・CLAUDIA LI(メゾン・ディセット) 撮影・蔦野裕
南沙良 ヘアメイク・藤尾明日香 スタイリスト・道券芳恵 衣裳・CLAUDIA LI(メゾン・ディセット) 撮影・蔦野裕

 現在放送中の人気ドラマ「日曜劇場 ドラゴン桜」(TBS系)にレギュラー出演している若手女優、南沙良への期待が高まっている。今作で「ウケる~」が口癖の“イマドキJK“を好演している南。生徒役で共演する高橋海人や平手友梨奈らとともにドラマを盛り上げ、放送後は毎週のようにその言動がSNSなどでも話題になっている。そんな彼女は現在、大手芸能事務所「レプロエンタテインメント」に所属。さらにこれまでのキャリアが“あの先輩女優”と重なる部分が多いことも話題になっており、各方面からその後継者として熱視線を浴びている。

 南と言えば、2018年に出演した映画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」での演技が話題となり、この作品で数々の映画賞を受賞。民放連ドラにレギュラー出演するのは「ドラゴン桜」が初めてだ。

 週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」が原作になっている今作は、05年に放送された同名ドラマの続編だ。今作では、定員割れが続く低偏差値の龍海学園を舞台に物語が展開。進学校化を目指すべく、校内に立ち上がった「東大専科」の担当として、元暴走族の弁護士、桜木建二(阿部寛)と、前作の教え子、水野直美(長澤まさみ)が、さまざまな困難を乗り越えながら学園の再建に挑む姿を描く。

 彼女が演じているのは、同学園の生徒、早瀬菜緒。何不自由ない仲のいい家庭で育った明るい女子高生だが、今まで何かを頑張ったことがない飽きっぽい性格で、校内でいち早く桜木の東大専科に興味を示すが、初日に受けた共通テストで早速、音を上げてしまい東大受験を断念。その後、桜木の言葉を受け、改めて勉強に集中することを決意し、同科のメンバーとして目標に向かって励んでいる。

 南の存在感は初回から抜群だった。放送後、SNSには「ドラゴン桜に出てる南沙良ちゃんって子が可愛いです」「ドラゴン桜見てから南沙良ちゃんめっちゃ好きになった」「南沙良見るためにドラゴン桜見てる」「やっぱかわいい。毎週日曜に同じこと言うわ」などの声がズラリ。その演技も「生徒役のみなさん演技上手すぎなんよね。特に南沙良ちゃんすごいと思う」「南沙良ちゃん、頑張ったことない女の子の役、すごく上手。特別な特徴がないって演じるの難しいし、バカな役ってわけでもない。そして、可愛さも失わない」「生徒役で1番しっくりくる」などと絶賛されている。

 そんな彼女は今“ポストガッキー”と呼ばれ、今後の更なる飛躍が期待されている。

 ガッキーとは、言わずと知れた女優、新垣結衣の愛称。先日発表された俳優でシンガー・ソングライターの星野源との“逃げ恥婚”は多くのメディアによって取り上げられ、祝福ムードが日本中に広がった。

 南の経歴を振り返ると、とにかくガッキーとの共通点が多い。南は14年の「nicolaモデルオーディション」でグランプリに輝き、芸能界入り。女優デビューは17年で、翌18年に江崎グリコ「ポッキー」のCMに出演し、宮沢りえとの共演で注目を集めた。そしてこの春から「ドラゴン桜」で民放連ドラ初出演。さらに来年放送予定のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源頼朝(大泉洋)と北条政子(小池栄子)の娘、大姫役で出演予定だ。

 ガッキーと言えば、最近では星野と共演した「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)のイメージが強いが、彼女もnicolaモデル出身で、女優として最初に注目されたのが、05年に放送された「ドラゴン桜」での生徒、香坂よしの役だった。そして06年のポッキーCMで披露したあのダンスでまず最初のブレーク。その後、数々の作品に出演し、「逃げ恥」で、その人気を不動のものにした。2人は同じ芸能事務所に所属する先輩後輩という関係で、誕生日も同じ6月11日。ちなみにガッキーも「鎌倉殿の13人」に出演することが決まっている。

 星野との結婚で、同時にレプロの退所も発表したガッキー。そのような背景から、SNSでは、 “第2の新垣結衣”としての南への期待が高まっており、「ドラゴン桜出てるし、ニコモ出身だし、そこもガッキーと同じなんよね。(CMで)変なダンスさせてんのもそのためでしょうか」「事務所が意図的にっていうのはあるんだろうけど、完全に第2のガッキー」「南沙良ちゃんがこれから来るだろねーって思っていたらガッキーの事務所後輩なんだ。なるほどー」「(南の成長が)ガッキーが安心して退所できた理由のひとつだと睨んでる」などの声が相次いでいる。

 一方で、「これからの時代は南沙良」など、早くも南に“シフトチェンジ”するアイドルファンも。「悪いがガッキー越えちゃうでしょ?!」「第二のガッキーみたいなこと言われてるけどそれに囚われずに自分らしく頑張ってほしいな」といったエールも見られ、今後の活躍に期待が寄せられている。

  1. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  2. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール
  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故
  4. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」
  5. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ