緊急事態延長、28日決定へ 都知事は「1カ月くらい」

産経ニュース
首相官邸を出る菅首相=26日夜
首相官邸を出る菅首相=26日夜

政府は28日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、東京都など9都道府県に発令している緊急事態宣言について31日の期限を延長することを決定する。菅義偉(すが・よしひで)首相は26日、関係閣僚を集め対応を協議したほか、厚生労働省に助言する専門家組織も会合を開き直近の感染状況などを分析。加藤勝信官房長官はこれに先立つ記者会見で「専門家の意見を踏まえ総合的に判断していく」と述べた。

宣言の期限が31日となっているのは北海道、東京、愛知、大阪、兵庫、京都、岡山、広島、福岡の9都道府県。延長幅は沖縄県の期限に合わせ6月20日までとする案を軸に検討している。東京都の小池百合子知事は26日、都庁で記者団に望ましい緊急事態宣言の延長幅について問われ、「1カ月くらい」と述べた。

加藤氏は、ワクチン接種が6月20日の宣言解除の判断に及ぼす影響について「感染者数や入院者数、重症者数に影響を及ぼすことになれば間接的にはかかわってくる」と期待感を表明した。

一方、東京と埼玉、千葉、神奈川の1都3県の知事は26日、東京都を対象とした緊急事態宣言と、3県に適用されている蔓延(まんえん)防止等重点措置の延長を政府に共同で要請した。

4知事はこれに先立つテレビ会議で、新規感染者数が減少傾向にあるものの、いまだに高い水準であることや、流行の主体が感染力の強い変異株に置き換わっていることなどを踏まえ、1都3県が引き続き連携して対応するためには延長が必要と判断した。

東京都の26日の新規感染者数は前週の水曜日に比べて23人減の743人で、13日連続で前週の同じ曜日を下回った。だが、7日間平均の感染者数は607・7人と依然として多く、都の基準で集計した重症者は70人。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. カタール大会のロスタイムが異常に長いワケ