ウマ娘「すさまじい商業的成功」から海外へ “国内のみ配信”に潜むリスクも

SankeiBiz

その一方で、アプリ収益のシェアを大きく伸ばしたのが中国だ。特にゲームが牽引(けんいん)しているとされる。“中国産ゲーム”の品質が向上したことに加え、ストーリーや声優を日本ユーザーの好みに合わせるというローカリゼーション(現地化)に成功。今や日本は「中国にとって最も成功した海外市場」(App Annie)なのだ。

実際、昨年の日本のモバイルゲーム売上高「トップ50」のうち中国のアプリが3割を占めている。2021年第1四半期の国内売上ランキングでも、定番の「荒野行動」(NetEase)と、昨年9月にリリースされた「原神」(miHoYo)という中国の新旧人気作がそれぞれ6位と7位に入っており、その勢いは疑いようもない。米国や韓国の企業も存在感を増しつつある市場環境で、国内のみに目を向けた「内向き志向」はそれ自体がリスクになるとみられている。

こうした中、海外に照準を定めたのがウマ娘だ。Cygamesの広報チームマネジャーは「韓国語版と簡体字版のリリースについては決定しています」と明言。すでに、韓国の聯合ニュース(電子版)で報じられ、ハングルのファンサイトも立ち上がった。韓国のネットユーザーの間には「パワプロ(コナミの野球ゲーム)のような育成ゲームに慣れていないと難しい」といった声もあるようだが、日本発のゲームに注目が集まっている。

日本企業も柔軟に開拓

新たな海外需要に焦点を当て、すでに新規開拓に着手した「外向き志向」の企業もある。スクウェア・エニックスは今年2月、インドの伝統的なボードゲーム、ルドを題材にしたアプリ「ルド ゼニス」で“13億人市場”への本格参入を果たした。「スマホの爆発的普及に加え、現地でオンライン決済が広がったことでビジネスをする下地ができた」(広報担当者)という。

同社によると、インドでは日本の代表的なゲームやアニメの知名度が高くないことから、「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」などの著名IP(知的財産)を起用せず、現地の文化に合わせたゲームを投入したという。日本市場に切り込んだ中国企業と同様、世界進出にはローカリゼーションを意識した戦略が必要のようだ。

【Bizプレミアム】はSankeiBiz編集部が独自に取材・執筆したオリジナルコンテンツです。少しまとまった時間に読めて、少し賢くなれる。ビジネスパーソンの公私をサポートできるような内容を目指しています。アーカイブはこちら

  1. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」1月31日OA第83話あらすじ 試作ボルトを持ってライバル企業へ、そこへ荒金(鶴見辰吾)が現れ…

  2. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故

  4. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  5. 突っ込んだ車が宙に…35メートル「吹っ飛んだ」 運転の女性死亡