大谷翔平が“三刀流” 4回2/3を5K2失点で右翼に 絶妙セーフティーバント1安打

サンスポ
インディアンス戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
インディアンス戦に先発したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

エンゼルス2-3インディアンス(19日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(26)が「2番・投手」で先発し、4回2/3を投げ5三振を奪うなど5安打2失点。同点の四回2死一塁で降板した後、右翼の守備に就き、七回の守りから退いた。球数は72で2四球。勝ち負けは付かなかった。防御率は2・37。打者では六回の第3打席に三塁へセーフティーバントをし、内野安打で出塁するなど3打数1安打だった。第1打席は三直、第2打席は中直。6試合連続安打とした。連続試合本塁打は3でストップ。打率は・272。エンゼルスは競り負け、2連敗となった。

「リアル二刀流」と呼ばれる大谷の投打同時出場は今季4度目。一回のマウンドは2死二塁で4番・レイエスに左翼線適時二塁打を浴び、1点を先制された。その裏の第1打席は今季5勝の右腕シベルと対戦し、三直に倒れた。二回は1死一塁からA・ロサリオ、ヘッジスの2者を連続で空振り三振に仕留めた。三回のマウンドは三者凡退。エ軍は三回、イグレシアスが同点二塁打。この後、大谷の打球は痛烈な当たりだったが、中直で勝ち越せなかった。

大谷の四回のマウンドは先頭のレイエスにエンタイトル二塁打を浴びたが無失点。エ軍はその裏、ウォルシュが8号ソロを放ち、1点を勝ち越した。しかし五回、バウアーズに中越え2号ソロを浴び、同点に追いつかれた。2死からヘルナンデスを四球で歩かせたところで降板。右翼へ回った。

インディアンスが六回に1点を勝ち越し。その裏の第3打席ではイ軍内野陣の右寄りシフトの“穴”をつく三塁へのセーフティーバントが決まり、内野安打で出塁した。しかし、次打者レンドンの打席で二塁への盗塁は失敗した。

インディアンス戦の6回、三塁へのバント安打を決めるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
インディアンス戦の6回、三塁へのバント安打を決めるエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. 薬物所持で逮捕…沢尻エリカの身を滅ぼした「ドラッグとセックス」 ささやかれ続けた疑惑、2009年の契約解除も…

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」