ファイザー、モデルナ、アストラ…承認ワクチン3製品 特徴と副反応は

産経ニュース
米ファイザー製ワクチン(佐藤徳昭撮影)
米ファイザー製ワクチン(佐藤徳昭撮影)

モデルナ製とアストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省の専門部会が20日、承認を了承した。先行使用されているファイザー製と同様に発症予防などに高い有効性が示されており、感染収束の切り札が補強される。一方で複数のワクチンが普及することによる流通面での混乱が懸念されるほか、副反応の問題を抱えるアストラゼネカ製の使用方法などが議論を呼ぶ可能性もある。

豊富な副反応データ

2月に承認されたファイザー製は16歳以上が対象。メッセンジャーRNA(mRNA)という遺伝物質を投与し、細胞に新型コロナ特有のタンパク質を作らせ、免疫をつける。海外の治験では95%の発症予防効果が認められた。mRNAは壊れやすいのが弱点で、長期保管には零下75度前後の超低温冷凍庫の使用が求められる。保管ミスで廃棄するケースも出ている。

3週間間隔で2回接種する必要があり、医療従事者約2万人分の調査では2回目の方が発熱や頭痛などの副反応が出やすいことが分かっている。重いアレルギー反応のアナフィラキシーは100万人当たり37人の頻度となっている。

大規模接種で使用へ

モデルナ製は18歳以上が対象。ファイザー製と同じ技術が使われ、発症予防効果もほぼ同等の結果が出ている。零下20度前後で6カ月間保管可能で、ファイザー製より扱いやすい。副反応はファイザーと似ており、海外の治験ではアナフィラキシーの発症割合は40万人に1人だった。

今回承認された場合、すぐに国の大規模接種会場で高齢者に使用される。国内では20歳以上の200人を対象に治験が行われたが、ファイザー製のように数万人規模の副反応のデータがないことに不安の声もある。ただ、日本ワクチン学会理事で長崎大の森内浩幸教授は「世界中で使われている中に多くのアジア系の人も含まれており、心配することはない」と話す。

国の大規模接種会場は3カ月間限定で、東京と大阪を合わせても135万回分しか消費されない。30自治体でも同様の会場を設ける動きがあるが、使用量などの全体像は判然としない。ファイザー製とモデルナ製が同時に流通した場合、配送や保管をめぐって混乱が生じる恐れがある。

  1. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  2. 本田圭佑 コスタリカ戦の黒星に「僕はがっかりしていない」 ドイツ●、コスタリカ○の想定と「勝ち点かわらない」

  3. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  4. 本田圭佑、日本代表のコスタリカ戦“願望スタメン”明かす ファン「この布陣はまじで見てみたい」「監督ケイスケホンダで」

  5. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念