マスク着用でトラブルの男、法廷でも着用拒否 千葉地裁で勾留理由開示手続き

産経ニュース

今年4月、千葉県館山市内の飲食店で、マスク着用をめぐりトラブルを起こした茨城県取手市の無職、奥野淳也被告(34)=公務執行妨害罪などで起訴=について、裁判官が公開の法廷で勾留する理由を明らかにし、本人や弁護人が意見を述べる勾留理由開示手続きが18日、千葉地裁(友重雅裕裁判官)で開かれた。奥野被告は、裁判官からマスク着用を求められたが「着用はいたしません」と拒否した。

奥野被告は今月、威力業務妨害などの容疑で再逮捕された。その際、食事をめぐって警察官ともめたため、勾留質問を受けなかったにもかかわらず、勾留されたことは不当だと主張。「独立司法の敗北だ」「『マスク拒否おじさん』と言われているが、夕食は拒否していない」などと訴えた。

奥野被告がマスクを着用しなかったため、弁護人や検察官の席の前には飛沫を防ぐための衝立が設置され、傍聴席の最前列は着席不可となった。

  1. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  2. 【断末魔の中国】習氏焦燥…コロナさらに蔓延で北京五輪開催危機 ジェノサイド・軍事威嚇で〝世界に友人居ない〟中国 新幹線で「共同貧乏」党幹部は戦々恐々

  3. 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第13週あらすじ&振り返り ジョーの言葉にショックを受けたるい、真実を知り…

  4. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  5. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」