大谷翔平、本塁打量産で期待がかかる“ゴジラ松井超え” SNS「怪我さえなければ」 - イザ!

メインコンテンツ

大谷翔平、本塁打量産で期待がかかる“ゴジラ松井超え” SNS「怪我さえなければ」

 米大リーグ・エンゼルスで活躍中の大谷翔平投手(26)の打棒がネットユーザーたちを興奮の渦に巻きこんでいる。今季初の「3番・DH」で出場したレッドソックス戦(日本時間17日、フェンウェイパーク)、1点を追う九回2死一塁の場面で打席に立った大谷は、レッドソックスの守護神バーンズから、右翼ポール際にメジャートップに並ぶ12号逆転2ランを放ち、チームの勝利に貢献した。まさにシーズン50発に届きそうなハイペースにSNSには「ホームラン王取って欲しい!いやとるべきや!」「もしかしてピッチャーがホームラン王になっちゃう???大谷翔平さんえぐすぎでしょ」などの声が寄せられている。

大谷翔平
大谷翔平

 大谷の活躍ぶりは米メディアでも連日大きく取り上げられている。スポーツ専門局ESPN(電子版)は「大谷がチームをスランプから救出しようと打席に入った。大谷はそれ以上のことをやった、メジャー4年のキャリアで最も重要と語る本塁打を放った」と評価。エンゼルスの選手で九回2死から決勝弾を放ったのは、過去20年では球団4人目の快挙だという。

 大リーグ公式サイトも大谷が本塁打を放つ動画を公開。ファンはこの一発を「MVP」「メジャーで最もエキサイティングな選手」「イチローを上回る」「和製ベーブ・ルース」などと絶賛した。日本のファンもその活躍ぶりに大興奮。SNSには「チャンスにきっちり打てるのが、すごいところ」「同じ日本人として誇りです」「ほんとに漫画の主人公よりも主人公してるわ。最強すぎる」「何より二刀流で野手一本でやってる超一流MLB選手と対等に争ってるのがえぐい」などのコメントが相次いでいる。

 そんななか、ネットユーザーたちが関心を向けるのが、大谷の“ゴジラ松井超え”なるかという点だ。これまでの日本選手のシーズン最多本塁打記録は、04年に松井秀喜さんがヤンキースでマークした31本塁打。ツイッターには「これマジで松井さんの31本超えるかもな!!」「松井の31本は怪我さえなければ更新出来そう」などの期待が寄せられている。

 ファンの期待にキッチリ応え、結果を残す大谷。連日の活躍ぶりに、脱線気味だが、「もしも大谷選手が相撲取りになっていたら、史上最強の横綱になっていただろうな」とつぶやく野球ファンもいた。


  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 森尾由美、感激!長女が結婚 母娘2代で同じウエディングドレス
  4. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声