自転車あおり運転 懲役8月判決 埼玉の「ひょっこり男」

産経ニュース

自転車を運転中に乗用車の前に飛び出す危険な運転をしたなどとして、道交法違反(あおり運転)と暴行の罪に問われた埼玉県桶川市、無職、成島明彦被告(33)に、さいたま地裁は17日、懲役8月、罰金20万円(求刑懲役10月、罰金20万円)の判決を言い渡した。

中桐圭一裁判官は判決理由で「自動車の運転手への嫌がらせの快感を味わいたい」という動機から犯行を重ねたと指摘。「重大な交通事故を起こしかねない悪質な犯行だ」と断じた。

被告は、桶川市などで急な飛び出しを繰り返したとして住民から「ひょっこり男」と呼ばれ、改正道交法で厳罰化したあおり運転の規定が自転車に初適用され昨年10月に逮捕された。

判決などによると、昨年3~10月、桶川市や千葉県流山市で車の通行を妨害するため、センターライン上に飛び出すなどした。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」