井岡一翔のドーピング問題…畑中会長、JBCに対し「疑念だらけ」法的手段も 田中恒成の次戦は頓挫

サンスポ
オンラインで会見した畑中清詞会長(畑中ジム提供)
オンラインで会見した畑中清詞会長(畑中ジム提供)

畑中ボクシングジムの畑中清詞会長(54)が15日、オンラインで会見。所属する元世界3階級制覇王者の田中恒成(25)が敗れた昨年大みそかの世界戦直後のドーピング検査で、勝利したWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(32)=Ambition=の尿検体から複数の禁止薬物が検出された問題について、質問状を送った日本ボクシングコミッション(JBC)からの回答を説明した。

畑中ジムはこの問題について、4月30日付でJBCの長岡勤コミッショナーに内容証明で質問状を送付。8日に回答が届いた。質問は次の3点。

①倫理委員会のメンバーを開示してほしい

②1月からのドーピング問題の動きを開示してほしい

③いつごろ倫理委員会の結果が出るのか。

JBCの回答は①JBCとは利害関係のない外部有識者だが、審議に影響があるという理由で拒否②③現在調査中で、結論が出るまでは回答しない。

畑中会長は現段階ではこれ以上の追求はしないものの、結論が出た後に必ずメンバーを開示してもらいたいとした。「マスコミなどで報じられている通りなら、JBCの失態であると考えている」と話し、法的手段をとることも健闘している。裁定が出た後、WBOにも質問状を送る用意があるとも明かした。

畑中会長はJBCの回答について「納得できないもの。すべてで不足している。本当のことが知りたいだけ」と困惑。JBCからは試合後にこの回答書以外、一切連絡がないという。検体の取り扱いを含めたドーピング検査の手順と、検査から時間がたちすぎていることに特に疑念を持っており、JBCに対して「疑念だらけです」とした。

尿検体の採取方法については「試合直後にJBC関係者の目の前で入れて、テープでぐるぐる巻きにしてサインをしたので、全く問題ないと思う」とし、田中の様子を、戸惑いがある中で「バリバリ練習しています」と明かしたが、次戦が頓挫している状態だという。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月21日第57話あらすじ 奈々との“噂”に不安を募らせるるい、そこに突然ジョーが現れ…

  2. キムタクだけマスク着用の集合写真に「これが有名人が伝えるべきメッセージ」「好感度爆上がり」と称賛の嵐

  3. オミクロンでパンデミック終了か、海外では感染者数が1カ月で頭打ち 専門家「次の変異株を経て『5番目のかぜ』になる可能性も」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 「カムカムエヴリバディ」第13週予告で大吉の「油断ならない脚本家」的中? 「ほっとした」「未来明るそう」