ポケモンカードの販売停止 米小売り大手、暴行事件受け「安全のため」

産経ニュース

【ワシントン=大内清】米小売り大手ターゲットは14日までに、人気アニメ「ポケットモンスター(ポケモン)」などのトレーディングカードの販売を一時的に停止すると発表した。中西部ウィスコンシン州で今月、カードをめぐる暴力事件が起きたのを受けた措置で、「顧客と店員の安全を守るため」だと説明している。

米メディアによると、同州ブルックフィールドにあるターゲット店舗の駐車場で7日、トレーディングカードの購入をめぐるトラブルから男性(35)が男4人に暴行を受ける事件が発生。逃走した4人はその後逮捕された。男性がポケモンのカードを持っていたかどうかは不明。

事件を重くみた同社は、ポケモンのほか、大リーグ(MLB)、プロフットボール(NFL)、プロバスケットボール(NBA)の選手カードを全店舗の陳列棚から撤去。これらのカードは、子供だけでなく大人のコレクターにも高い人気があり、珍しいものは高値で取引されている。

同社は、オンラインでのカード販売は続けるとしている。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」