大谷翔平、右翼にも就く“三刀流”100奪三振&50本塁打マークは史上4人目

サンスポ
アストロズ戦の8回、右翼の守備に就きディアスの安打を処理するエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)
アストロズ戦の8回、右翼の守備に就きディアスの安打を処理するエンゼルス・大谷=ヒューストン(共同)

(アストロズ5-1エンゼルス、11日=日本時間12日、ヒューストン)エンゼルスの大谷翔平投手(26)は「2番・投手」として出場した八回から右翼の守備につくなど“三刀流”を実現した。投げては7回を投げて4安打、1失点、1四球、10三振、88球。2勝目はならなかったが、今季最高の投球内容で最速は98・8マイル(159キロ)をマークした。打撃は4打数1安打だった。

七回を三者凡退に打ち取り、88球。大谷はここで交代かと思われたが、八回から外野手用のグラブを手にメジャーで初めて右翼の守備についた。前回のアストロズとのシリーズでは、左翼の守備に就いたが、投手から守備に就いたのはメジャー初。この時点で1-1の同点で九回に回る打順を考慮し、マドン監督が思い切った策に出た。

1-5で迎えた九回1死の第4打席は見逃し三振に倒れた。

投手としては一回から安定。これまで18回2/3で19四球を与えていたが、この日はわずか1四球。直球の制球に加え、スライダー、スプリットの切れも良く、10三振を奪った。2桁三振はメジャー3度目で、メジャー1年目、2018年5月13日のツインズ戦以来だ。

打撃では第1、2打席は二ゴロも七回先頭の第3打席では右前打を放った。なお四回、ヨルダン・アルバレスからこの日、4個目の三振を奪ったが、これがメジャー通算100三振。大谷はこれで100奪三振、50本塁打をマークした史上4人目の選手。他の3人はベーブ・ルース、ジョニー・リンデル、リック・アンキール。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」暢子(黒島結菜)との結婚で先走る智(前田公輝)に「サイコホラー」「背筋ゾクッ」の声

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗