沢村は1回1K無失点 レッドソックスは接戦落とす

(レッドソックス5-6タイガース=延長十回、5日、ボストン)米大リーグ、レッドソックスの沢村拓一投手(33)がタイガース戦の1-3の七回から3番手で今季12試合目の登板。1回を投げ1安打無失点1三振で、勝敗は付かなかった。防御率は3・38。チームは延長十回の末、敗れた。

雨が降る悪天候の下、マウンドに上がった沢村。七回、先頭のグライナーに真ん中に入ったスライダーを捉えられ右前打を浴びたが、ここから踏ん張った。続くグロスマンをフルカウントから92マイル(約148キロ)のスプリットで二ゴロ。2番・スクープは96マイル(約154キロ)の内角高めの直球で空振り三振に仕留め、カンデラリオは左飛に打ち取り、無失点でつないだ。

その裏に主砲マルティネスが10号同点2ランを放ち、試合は延長戦に突入。しかし、十回に6番手のウィットロックが3ランを献上。その裏、打線は2点を返したが接戦を落とした。コーラ監督は「七回以降は打線も調子が出てきてチャンスを作ったが、追いつくことができなかった」と淡々と振り返った。

  1. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  2. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  3. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終

  4. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  5. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?