【指揮官一問一答】阪神・矢野監督は4番デビューを満塁弾で飾った佐藤輝について「ちょっと体験入部のような…」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

指揮官一問一答

阪神・矢野監督は4番デビューを満塁弾で飾った佐藤輝について「ちょっと体験入部のような…」

5回、満塁本塁打を放った阪神・佐藤輝=甲子園球場(撮影・門井聡)
5回、満塁本塁打を放った阪神・佐藤輝=甲子園球場(撮影・門井聡)

(セ・リーグ、阪神7ー3広島、7回戦、阪神5勝2敗、2日、甲子園)阪神はD1位・佐藤輝明内野手(22)=近大=が4番デビューをグランドスラムで飾り、快勝。試合後の矢野耀大監督(52)の一問一答は以下の通り。

(テレビインタビュー)

■何か持ってる

--佐藤輝が4番で逆転満塁弾

「4番は、ちょっと体験入部のような、体験をさせてみようかなというところでしたけど、ファンの記憶に残ることや、ビックリするようなことが起こせるのは、何か持っているなという一日でした」

--大山は積極的休養で、外国人もいるなかで佐藤輝に託した思いは

「託すまではないですけど体験させてみて、サードというポジションもそうですけど、経験をすることで、今後にいろんなことが起こり得るので、サードで4番、いってみようかなとは思いました」

■ストライクゾーンへの対応力を見せた

--逆転満塁弾はうまく対応し、やり返した

「そうですね、ストライクに近い難しいボールでしたけど、ゾーンに残れば打てるというものはあるのでね。そこまでのカウントを作るとか、1回、2回対戦して、自分の中の軌道や配球。考えはあったと思うんですけど、ストライクゾーンの対応力というのは、ある選手だと思うのでホームランにできるというところがすごいなと思います」

--節目でこういう結果を出すのは、持ってると思える。空気感などは

「普段はマイペースですけど、サードをやれるとか4番だ、というところで、楽しそうな、というか、いつもよりも、さらにね。マイペースなので、どう考えていたかは本人に聞かないと分からないですけど、はい」

■守りも及第点

--守備でもライン際で好プレー。動きは及第点?

「反応よかったですね。ミスも起こりうるかなと覚悟はしていましたけど、守ってくれましたし、素晴らしかったです」

--近本が出塁して生還する活躍

「チカが出ることで得点にならなくても、ダメージは与えられますし、ウチの野球の大きなポイントになるのでね。これからも上がってくると思うので、どんどん上げていってもらいたいです」

--ガンケルも悔しい結果の中で勝ちが付いたのは大きい

「そうですね、先発に勝ちが付くのは大きいですし、ずっと先頭を出すような珍しい展開で粘ったところもあったので、テルの一打で勝ちがつけたというのはチーム全体にとって大きいですね」

--ファンに向けて

「環境が変わったり、状況が変わっても僕たちの野球を変えることはないので、満員の中で野球をやれる日を思い描きながら。現状は無観客なのでこういう姿を見せて、少しでも元気になってもらえるような試合をしていきます」

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる