「紀州のドン・ファン」 野崎さんの愛犬からは覚醒剤反応なし - イザ!

メインコンテンツ

「紀州のドン・ファン」 野崎さんの愛犬からは覚醒剤反応なし

「紀州のドン・ファン」と呼ばれ、平成30年に死亡した野崎幸助さんの自宅前。妻だった須藤早貴容疑者の逮捕を受け、多数の報道陣が集まった=和歌山県田辺市
「紀州のドン・ファン」と呼ばれ、平成30年に死亡した野崎幸助さんの自宅前。妻だった須藤早貴容疑者の逮捕を受け、多数の報道陣が集まった=和歌山県田辺市

 和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=が平成30年5月に急性覚醒剤中毒で死亡し、元妻の須藤早貴容疑者(25)が殺人などの容疑で逮捕された事件で、和歌山県警は28日、事件直前に死んだ野崎さんの愛犬からは覚醒剤の反応は見られなかったと明らかにした。

  1. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  2. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール
  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故
  4. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」
  5. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ