【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(2)「エンジンが高速回転」「ブレーキいっぱい踏んだ」(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

池袋暴走事故 被告人質問詳報

(2)「エンジンが高速回転」「ブレーキいっぱい踏んだ」

池袋暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚幸三元院長=2019年6月13日午前、東京都豊島区(納冨康撮影)
池袋暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚幸三元院長=2019年6月13日午前、東京都豊島区(納冨康撮影)

《東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、松永真菜(まな)さん=当時(31)=と長女、莉子(りこ)ちゃん=同(3)=が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(89)の公判は、被告人質問が続いている》

《飯塚被告は、時折言い間違いこそあるが、口ごもることなくはっきりとした声で質問に答えていく》

弁護人「最後に免許を更新したのは」

飯塚被告「2017年の5月です」

弁護人「その時には75歳以上だった」

飯塚被告「はい、そうです」

弁護人「更新の検査や講習は受けたのか」

飯塚被告「認知症の検査のようなものを受けました。結果は全く正常で合格しました。講習では、高齢者の運転時の注意のビデオを見ました」

弁護人「講習はビデオだけか」

飯塚被告「運転の実技がありました。当時は実技は希望者だけだったと思います」

弁護人「運転に心配があったのか」

飯塚被告「特になかったです。教官からの指摘もありませんでした」

《質問は、事故当日の状況に踏み込んでいく。弁護人は、この先の証言について、事故車両のドライブレコーダーの映像ではなく、飯塚被告の記憶に基づくものであることを強調。被害者参加制度を使って出廷している遺族の松永拓也さん(34)は、飯塚被告の方にときおり視線を送りながら、ペンを走らせ続けている》

弁護人「同乗者はいたか」

飯塚被告「おりました。妻です」

弁護人「2人でどこへ行こうとしていた」

飯塚被告「昼食の予約をしたレストランへ行こうとしました」

弁護人「なぜ車だったのか」

飯塚被告「電車とバスで行けるのですが、乗り換えに時間がかかるので、車で行きました」

弁護人「予約の時間は」

飯塚被告「12時30分です。自宅を出発したのは12時過ぎでした」

弁護人「間に合う時間なのか」

飯塚被告「急がないで十分に間に合う時間でした。急ぐ用事は全くありませんでした」

  1. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  2. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール
  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故
  4. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」
  5. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ