父子2代で五輪!江村美咲脱スポ根のフェンシング一家

★日本フェンシング界で初

 日本のフェンシング界で親子2代での五輪出場は、江村父娘が初。2012年ロンドン五輪男子フルーレ団体で銀メダルの千田健太の父・健一さんは、1980年モスクワ五輪の代表に選ばれたが、日本のボイコットで、出場はかなわなかった。

◆江村 美咲(えむら・みさき)

 ★生まれ 1998(平成10)年11月20日、22歳。大分県出身。

 ★経歴 東京・大原学園高から中大法学部に進み、2021年3月に卒業。同年4月に日本フェンシング界初のプロ転向を宣言。立飛ホールディングスと所属契約を結んだ。

 ★競技歴 フルーレの選手として小3で本格的に競技を始めた。中学入学前にサーブルに転向。全日本選手権は女子サーブルで18、19年に2連覇。20年W杯アテネ大会は銅メダル。現在の世界ランキングは日本勢最高の22位。

 ★サーブル転向 サーブル競技の優勝賞品だったアニメ「ウサビッチ」のジグソーパズル欲しさに出場して優勝したことがきっかけ。

 ★大切な言葉 「うさぎと亀なら亀でいい」。思うように結果が出ない時期に母から授かった。

 ★コロナ禍のおうち時間 自己管理につなげるため、スポーツフードスペシャリストの資格を取得した。

 ★得意 うんてい。はまるととことんのめり込む性格で、幼少期は手が血だらけになるまで続けた。

 ★家族 1988年ソウル五輪男子フルーレ代表の父・宏二さんとエペで世界選手権代表に選ばれた経験のある母・孝枝さん(53)、兄の将太郎さん(26)、弟の凌平さん(20)。

 ★サイズ 170センチ、60キロ。

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  5. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」