覚醒剤密輸事件に逆転無罪 東京高裁、認識を否定 - イザ!

メインコンテンツ

覚醒剤密輸事件に逆転無罪 東京高裁、認識を否定

東京高裁が入る建物(今野顕撮影)
東京高裁が入る建物(今野顕撮影)

 手荷物に隠して覚醒剤を密輸しようとしたとして、覚醒剤取締法違反などの罪に問われたオランダ国籍の男性被告(46)の控訴審判決で、東京高裁は26日、懲役7年、罰金300万円とした1審東京地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無罪を言い渡した。近藤宏子裁判長は、違法薬物の認識があったとはいえないと判断した。

 弁護側は、被告は出会い系サイトを通じて知り合った人物に、日本から品物を持ち帰る仕事を依頼されたとし「日本に持って行く荷物に違法薬物が入っているとは考えていなかった」と無罪を主張していた。

 被告は令和元年5月、羽田空港から入国。持っていたスーツケースに約997グラムの覚醒剤が入っているのが税関の検査で見つかり、現行犯逮捕された。

  1. 【衝撃事件の核心】飛び降りの巻き添えになった女子大生と遺族の理不尽の代償
  2. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール
  3. 「やばい、やばい!」響く悲鳴で朝のホーム騒然 神戸の飛び込み事故
  4. 韓国の“無礼放送”に海外から批判殺到 大手テレビ局社長が謝罪 米メディア「不快感」「とんでもない失敗」
  5. 「寅が降伏してくる」東京五輪選手村に韓国が“爆笑垂れ幕” 日本人から見ると「文在“寅”が降伏してくる?」 歴史的名言がない惨めさ露わ