尼崎JR脱線事故から16年 緊急宣言下、慰霊式中止

 「祈りの杜」へ献花に向かう人たち=25日午前9時38分、兵庫県尼崎市
 「祈りの杜」へ献花に向かう人たち=25日午前9時38分、兵庫県尼崎市

 乗客ら107人が死亡し、562人が重軽傷を負った尼崎JR脱線事故は25日、発生から16年となった。JR西日本の長谷川一明社長は兵庫県尼崎市の事故現場にある慰霊施設「祈りの杜」で「反省を深く心に刻み、安全な鉄道を築き上げるため不断の努力を積み重ねていく」と述べ、役員らと献花した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、追悼慰霊式は昨年に続いて2年連続で中止に。同県では緊急事態宣言が発令され、一部の遺族らが祭壇や献花台が設けられた同施設を訪れ、静かに祈りをささげた。

 来場者を減らし密集を防ぐため、希望する遺族らには社長の追悼の言葉などをオンラインで見られるようにした。新型コロナ禍で遺族や負傷者ら被害者が集まる機会が減り、事故の記憶の継承が課題となっている。

 JR西は当初、別会場を設けたり、参列予定者にPCR検査キットを事前に渡したりする感染防止策を講じて慰霊式を実施する方針だったが、21日に一転して中止を発表した。

  1. あすの「カムカムエヴリバディ」1月25日第59話あらすじ ジョーを信じると決めたるい、泊まる宿に通い続けるが…

  2. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  3. 海自輸送艦「おおすみ」トンガへ出港 沖合停泊し災害支援

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 「鎌倉殿の13人」小池栄子、新垣結衣への幸せアピールに戦慄「手を振る政子様怖っ」「マウント合戦ずっと見てたい」